学歴のバカ格差

バブル時代の日本では「日本人は平等」と信じられていました。ところが90年代を境に日本にも様々な格差が存在することが目に見えるようになりました。国際経験豊富な元国連専門期間職員の @May_Roma (めいろま)さんは、新作書籍「バカ格差」で日本人を苦しめる格差について分析します。

1月11日発売の新作書籍「バカ格差」では日本人を苦しめる格差について分析していますが、その一つが「学歴のバカ格差」です。以下は本書からの抜粋です。

21世紀の日本においても学歴というのはたいへん重要です。

例えば学歴と生涯年収には大きな相関関係があります。最終学歴が高卒の人と大卒の人では、平均の生涯年収に7000万円もの差があり、中卒と大卒とでは実に1億円近くの開きがあります。

このように、日本では高い学歴は高い収入と結びつくのですが、未だに学歴は単純に「どの大学を卒業したか」という学校名だけで捉えられています

これは他の先進国の潮流と比べると非常におかしなことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_naotaka 学校名で人を判断するし、良い大学を卒業しても勉強したことを役立ててる人って、少数派なんじゃない? そして、社会人になると勉強しなくなる人が多い。→ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma AI時代は学校歴よりも「何ができるか」が大事。仕事が効率化されると重要性が増すのが数学、企画力など想像力を駆使する能力→ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma AI時代は学校歴よりも「何ができるか」が大事。仕事が効率化されると重要性が増すのが数学、企画力など想像力を駆使する能力→ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma AI時代は学校歴よりも「何ができるか」が大事。仕事が効率化されると重要性が増すのが数学、企画力など想像力を駆使する能力→ 7ヶ月前 replyretweetfavorite