タワマンは日本のバカ格差の象徴

バブル時代の日本では「日本人は平等」と信じられていました。ところが90年代を境に日本にも様々な格差が存在することが目に見えるようになりました。国際経験豊富な元国連専門期間職員の @May_Roma (めいろま)さんは、新作書籍「バカ格差」で日本人を苦しめる格差について分析します。

ここ20年ほどで日本で最も話題になったキーワードはなんでしょうか。

そのひとつに「格差」があります。

ところが90年代後半を境に日本の社会は大きく変わってしまいました。

バブルがはじけ、大学生の就活が大変だということがメディアでは定番の話題になり、四大を卒業しても非正規雇用で働くしかない若者が溢れ、かつて多くの人の雇用を安定させてきた製造業が凋落し、大企業の不正が次々に発覚、東芝はサザエさんのスポンサーをやめ、ITビジネスで豊かになった人々と、メルカリで一万円札を買うような人たちが共存する社会になりました。

日本にも様々な格差が存在する時代になってしまいました。

しかしその格差の中には他の国から見ると全然悩む必要のないようなバカバカしいものもありますし、改善できるようなものもあるんです。

1月11日に発売になった新作書籍「バカ格差」では日本で様々な格差に対して日々悶々としている人たちに対して、格差の原因を考え、分析して、今後私たちはどのように生きていくべきかという提言をしたいと考えています。以下は第一章からの抜粋です。

今の日本でバカ格差の筆頭に挙げられるのが、「タワーマンションの階数格差」です。

タワーマンションの階数格差とは、首都圏を中心に急増している超高層マンションの住民が、住むフロアの階数によって同じ建物の住民や会社、近所などで差別されるという問題です。

例えば「上の階(当然販売価格も上)から降りてきたエレベーターは止めない」という暗黙のルールが存在するマンションもあるそうです。

2016年にはタワーマンションを舞台にしたドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』で、その人間関係の暗部がリアルに描かれました。女性同士のヒエラルキーにおける陰湿さや陰険さは、見ている人が鬱になるレベルです。

▼居住階数が社会的スペック

タワーマンション住民にとって、居住する階数は社会的なスペックと同じです。

それは物件の価格にも反映されており、低層階は高層階に比べて坪単価で3割以上割安になるケースもあります。住民同士も、どの部屋がどのくらいの価格相場なのかをたいてい把握しているため、その「価格格差」によって、高層階の住民が低層階の住民を蔑む気持ちが生まれることがあるのです。

高層階の住民が下の階の住民を、陰で「低層階の人たち」と呼んで見下す、マンションの会合で会っても目を合わせないなど、例を挙げればキリがありません。

さらに、マンション内には賃貸と分譲の違いもあります。当然買うほうがお金があるわけですから、賃貸組と分譲組の間にも格差が生まれます。

フロアが異なる住民同士、分譲組と賃貸組も、タワーマンションの売りである共用のスポーツジムやプール、プレイルーム、エレベーターなどで接触します。

ちょっとした世間話から、どの階に住んでいるのか、分譲か賃貸かといったことだけではなく、夫の職業、子どもが通っている学校、乗っている車、持っているバッグのブ ランドなどの探り合いに発展し、マウンティング(社会的関係における優位を誇示すること)が始まります。

分譲組と賃貸組では共用スペースの利用料が違うこともあります。

さらに、リア充(実生活が充実しており、アウトドアなど大人数での活動が大好きな人々)が大好きなバーベキューや盆踊りなどのイベントでは、賃貸組は呼ばれず、分譲組だけで盛り上がることもあります。

そんな差別戦国時代状態の中に、Facebookなどのソーシャルメディア、マンション用のインターネット掲示板での悪口合戦も加わり、バーチャルな世界でも逃げ場がないわけです。

高いお金を出して購入した住民からすると、タワーマンションは成功の証であり、ステータスなのでしょうが、日本の封建的な価値観を反映した村社会そのものであり、旧世代的な思考の塊です。

▼タワマン住民は大半が田舎者

明治大学住環境研究会が公表した「豊洲タワーマンションアンケート調査結果」(2010年1月)によると、住人の妻か夫が東京都出身なのは20%程度で、半分は千葉や神奈川など東京近郊出身ですが、その後半分は地方出身者です。

要するに田舎出身者が大半で、田舎における「でかい」「高い」「上にある」「キラキラしている」という単純でわかりやすい指標を引きずった人々なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shoo_001 タワマンは20%が東京出身、残り半分が関東出身、さらに残り半分が地方出身者。 https://t.co/w0FFuKeK1i 19日前 replyretweetfavorite

punix2zery 高収入、高階層からのマウンティングは何故無意味なのか、マウンティングとは動物性行の強さで人間性から遠い事は人間を不幸にするだけなんだ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma 【】実はリスクが高い 3ヶ月前 replyretweetfavorite

oomikoukou 田舎出身者が大半で、田舎における「でかい」「高い」「上にある」「キラキラしている」と… https://t.co/GCBpaXN4hG 3ヶ月前 replyretweetfavorite