起業家人生は、楽しい。エキサイティングだ!

「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案する、正田圭さんの新刊『サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方』の特別掲載、第22回。起業するには、まずは起業のアイデア!と考えているとしたら、それは大間違い。「起業にアイデアはいらない」と正田さんは言う。その意図は?

PART2 実践編

〔 第4章 〕起業の本質はコミュニケーション戦略

 起業家人生は、楽しい。これは自信を持って言える。ただし、楽しいことばかりかというと、決してそんなことはない。起業は苦しいことも多いから楽しいのだ。
 ここでいう「起業が楽しい」とは、「楽ちん」という意味ではなく、「エキサイティング」という意味だ。

 起業は年々やりやすくなってきている。日本はまだ起業しにくいとか、海外と比べれば……などと言っている人もいるが、本当に起業はしやすい環境に変わってきている。まず、起業に対するリスクが下がっている。

 昭和の時代には、借金が返せなくて自殺する経営者だっていた。しかし今のベンチャー起業家は、図々しくも借りたり出資を受けたりしたお金が返せなくなったからと言って自殺までしない。むしろ事業に失敗したと同時に新しい事業計画を持参し、「もう一度チャンスを!」と迫ってくるのが今どきの起業家だ。某有名起業家が、某有名ベンチャーキャピタリストに、ピボットする際に土下座させられたなんて話は実際に聞いたことがあるが、それ以上のことは聞いたことがない。まあ、そもそもベンチャーキャピタリストの金を起業家が溶かしてしまったからといって、本来謝罪する必要もないのだが……。

 もっと昔の話をしよう。500年以上前の話だ。コロンブスとかが生きてた時代だ。この時代は、起業家は社会的弱者だった。なんてったって、航海させてもらう代わりに、リアルに命を賭けなければならなかったのだ。つまり起業家とは、本質的には弱者だったのだ。当然のごとく、投資家に命を賭けさせられていたのだ。さすがにこのような時代だと、「サクッと起業したら?」とは無責任に言えないが、今はそんなことはない。ただ、何はともあれ起業したら、生き抜かなければならないことは現代でも変わりない。

 抜け目なく戦略を練ることが必要だ。サクッと起業してサクッと売却するまでの間は、起業家たちはプライドを捨てて必死に生き残らなければならない。

 起業の戦略というものを考えると、僕は、起業の本質はコミュニケーション戦略にあると思う。投資家とのコミュニケーション、顧客とのコミュニケーション、従業員とのコミュニケーション、役員とのコミュニケーション、付き合う業者とのコミュニケーション。会社を売却するときには買い手とのコミュニケーションも必要だ。起業においては、コミュニケーションを成立させられるかが勝負である。

 第4章を進める前に少し前置きをしておくが、正直、ここから先の話は個別性が非常に高い。そのため、すべてを網羅できるわけではない。起業から売却までのことで真剣に相談したい人は、直接僕に連絡してほしい。では、第4章を始めよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

正田圭

本書は「会社を売却することを前提に起業をする」という斬新な働き方を提案します。「起業はハードルが高い」「会社を売るのはさらに難しい」と思われがちですが、「会社を作って売却するのは、世の中に数ある儲け話の中で、一番確実で、一番地に足の着...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません