タイ語学校に通おう!

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、タイ到着から就職までの道のりを解説します。

人材派遣会社を通してタイにやってきたり、会社からタイ勤務を命じられた駐在員なら、すんなりとタイ生活に入っていけるはず。

だけど、まずはタイに行ってみて、イチから足場を固めていく人もおおぜいいるのだ。なにひとつないところから、いったいどうやって安定した立場をつくっていけばいいのだろうか。

生活の土台を築いていこう

現地でいちばん最初にやらなくてはならない仕事は、とにかく部屋探しだろう。来タイ直後は安いゲストハウスで節約しつつ生活しながら街を歩き、落ち着くことのできる我が家をまず見つけよう。バンコク都内の駅から徒歩圏内がおすすめだ。

はじめは外国人居住者がたくさんいて、外国人慣れしている物件がなにかと安心だ。受付で英語がよく通じる、英語の案内が用意されているような物件だ。

そして次に通信インフラの確保だろうか。部屋にネット回線を引く場合は受付で相談を。いろいろプランを紹介してくれるはず。スマホは安いもので1500バーツ(約5000円)くらいから購入できるものの、通信会社との契約にはワークパーミットが必要だ。就職するまでおあずけなのである。そこでプリペイドのシムカードを買って、こちらを使おう。これはコンビニなど至るところで売られている。

タイ語学校での出会いがタイ生活を左右する
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません