バラバラのフォーク・スプーンを「あえて捨てない」活用法。

来客があるたびに買い足したり、いつの間にか1本行方不明になっていたり。数も種類もバラバラなフォーク・スプーンなどのカトラリーは、まとまった数になると台所の限られた収納スペースを意外と圧迫しているもの。段捨離すべき…?と思いがちですが、料理家の高木ゑみさんは「バラバラだからこそ活用できる場」があると言います。それはずばり「ホムパ」。『やる気の続く台所習慣40』から、その極意を教えていただきました。

バラバラのカトラリーはホームパーティーで活用する。

キッチン収納で意外とスペースを取るのが、お箸やスプーン・フォークなどのカトラリー類です。

一つ一つは小さいものでも、かわいいキッチン用品店や旅先で素敵なものを見つけたり、お客様用に急きょ買い足したりするうちに少しずつ増えていき、気づけばカトラリー入れがパンパン、数もバラバラ……ということはないでしょうか。

使用頻度が少ないものは、思い切って断捨離? いえ、ちょっと待ってください!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やる気の続く台所習慣40

高木 ゑみ

献立作り、買い物、調理、後片付け、掃除……。「面倒くさい」「楽しくない」と感じながらも、それでも毎日やってくる【台所しごと】。そんな台所で「毎日のやる気が続く簡単なコツ」を超人気料理家が伝授します。手際やセンスは不要! 誰でも、今日か...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません