​フィルターが汚いエアコンは、カビとホコリの放出マシーン!

冬の寒さも本格的となり、朝起きたらまず暖房のスイッチオン!という方も少なくないのではないでしょうか。しかし、この暖房、きちんとお手入れしないと、気管支ぜんそくや、「アスペルギルス症」という耳慣れない恐ろしい病気の原因になることも……! 病気と掃除のプロ・松本忠男さんの新刊『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、エアコンに潜む意外な怖さについて教えていただきました。

エアコンの普及とフィルター汚れ

気づけば、ほとんどの家にエアコンがある時代になりました。それがいつからのことだったか。気になったので、エアコンが普及した過程について少し調べてみました。

国産第1号の空気調整機が誕生したのは1935(昭和10)年。意外と古くにエアコンの前身が誕生していたことに驚かされます。時は流れ、1958(昭和33)年には「ルームクーラー」の名称で、オフィスや劇場などを中心に広く設置されるようになりました。その後、高度経済成長とともに家庭にも徐々に普及していき、1965(昭和40)年にようやく冷暖房を兼ね備えた「ルームエアコン」が登場します。

内閣府の「消費動向調査」によると、1985(昭和60)年には二人以上世帯のエアコン普及率は約50%、2012(平成24)年にはついに90%を超え、それ以降は横ばい傾向が続いています。同じ調査では、二人以上世帯の100世帯あたりのエアコン保有数量は2017(平成29)年に281・7台となっており、各家庭に平均約3台のエアコンがあるという計算になります。

たしかに、リビング、夫婦の寝室、子ども部屋……と数えていけば、どの家庭にも3台くらいはエアコンがありそうですよね。しかし、そのエアコン、前回掃除したのはいつだったか、覚えている方がはたして何人いるでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

niina_noriko フィルターが汚いエアコンは、カビとホコリの放出マシーン!|松本忠男| 3年弱前 replyretweetfavorite