ベストセラーが出ない!そのとき出版社が手を出す「麻薬」とは?

「初版部数を増やせば、1冊あたりのコストも下がり、利益が増えるように見える。だが、実際には部数を増やした分、コストとしてキャッシュは出ていく」ファイナンスの智恵を得て、幹部会議を開く、女子高生社長。社員は重い口を開き始めた―― 平凡な女子高生が、青春を賭けて、出版社立て直しに挑む。ビジネス教養が一気に学べる、疾走感満載のビジネス小説、第17回!


事実をありのままに見ることができない

翌日の放課後、森下書房に出社した美鈴は、経理財務担当の御園と営業部長の早瀬、編集長の田之上、そして制作部の設楽を呼び出して、緊急の幹部会議を開いた。

もちろん、議題は「資金繰り」についてだ。

美鈴は、まず返品率が高くなって、キャッシュが減っている問題について切り込んだ。昨日の石島の説明を踏まえ、「刷り部数を増やすと、1冊あたりのみかけのコストは下がり、利益が増える」ことの問題点を指摘した。そして、それはファイナンス的にいえば、キャッシュを見えなくし、資金繰りを悪化させると警鐘を鳴らした。美鈴がファイナンスの観点から意見することについて、すでにメンバーは驚かなくなっていた。

美鈴の説明を聞き終えると、御園が口を開いた。

「美鈴社長のいう通りだ」

拍子抜けするほどあっさりと認めた。制作部の設楽は下を向いたままだ。

御園は、「刷り部数を意図的に増やしたのはしかたのないことだった」と白状し、そのいきさつを説明し始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!

この連載について

初回を読む
女子高生社長、ファイナンスを学ぶ

石野雄一

小さな出版社の社長だった父の突然の訃報。 あとを継ぎ、社長に就任した女子高生の美鈴。 しかし会社は倒産寸前。銀行への返済期限は3ヵ月。 「出版不況」「返品の山」「使えない編集者」。 次々と難題が襲い掛かる。途方に暮れる彼女の前に 現れ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mm7oHIXv 1日200冊の新刊が押し寄せる! 注文のリスクと書店員のプライド https://t.co/TDeKl10KBb 2年以上前 replyretweetfavorite

Mm7oHIXv 1日200冊の新刊が押し寄せる! 注文のリスクと書店員のプライド https://t.co/TDeKl10KBb 2年以上前 replyretweetfavorite