経沢香保子(トレンダーズ株式会社)vol.4 上場して、資本市場に愛されたかった

出産によって、ぐっと世界の見え方が変わった経沢さんは、会社を上場させることを決意します。目標が明確になり、すべてがその目的に向かって走り出しました。そして、上場を果たしたトレンダーズは、これからどこへ向かうのでしょうか。経沢社長編の最終回です。

上場を目指し、本当の意味で未来を描き始めた

藤野 楽天を辞めて独立したときは、フリーランスのような感覚だったとおうかがいしました。そこから、さらに会社を組織化し、大きくしようと思われたのはなぜだったんですか。

経沢 会社を何年か運営して、それなりに苦労はしていたんですけど、今から思うとそんなにリスクも取っていなかったんですよね。女性社長自体がめずらしいので、それでお仕事をいただいたり、メディアに取り上げていただいたりしながら、クリーンヒットをコンスタントに打てていました。
 でも、一人目の子どもを産んだ時に人生観が変わって、この子たちが大きくなった時の日本はどうなるんだろうと考えるようになりました。それまでは、どちらかというと半径3mくらいの視野しか持っていなかったんです。

藤野 なるほど。

経沢 その狭い視野で「会社はつぶれなければいい」くらいに思っていました。投資が好きだったので、株でもけっこう儲けていました。でも、今の時代の会社って経営者としてシビアにみたとき、ちょっときつい表現になりますが、上場しないと強く生き残れないのではないかと考えるようになりました。そのような目標をかかげ、覚悟を決めて、社会にメッセージを出して、優秀な人材を集めないとうまくいかないだろうと。小さな会社のままでやっていたら、志のある人をたくさん集めるのは難しい。
 そこで、上場するという選択肢が現実のものになってきた。長い目で見れば、会社のため、社員のため、社会のためにもなると思ったんです。上場を目指して、人生が変わりましたね。

藤野 どう変わったんですか?

経沢 それまでは、なんとなくばくぜんと良い経営をしようと考えていましたが、完全に目的型思考に切り替わりました。まず夢や志があって、それを実現するために何が足りないのか、どんな人が必要なのか考える。やっと、自分で未来を描くということの本当の意味に気づけたと思います。
 そして上場するならば、資本市場に愛されたいと思いました。資本家にも愛されて、やっと1人前だと。だから、投資家の方々にどう受け入れられるかということは、すごく考えていましたね。

藤野 そんな思いがあったんですね。

サイトに載っている顔写真と株価の関係

経沢 藤野さんから見て、トレンダーズってどんな会社に見えますか。

藤野 そうですねえ。起業してからの12年の経緯を見ていると、すごくしぶとい会社だなと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_taniyan 結局事業の話は一切無しかよ。ステマも「広告」って入れないと虚偽記載だわな。 5年以上前 replyretweetfavorite

yaiask 13:33まで無料。出産をきっかけに上場を考えるようになったトレンダーズの経沢社長 @KahokoTsunezawa 。そしてウェブサイトの写真と株価の関係とは→ vol.4 上場して、資本市場に愛されたかった|藤野英人 @fu4|https://t.co/0HLONU6izh 5年以上前 replyretweetfavorite