第27回】27 先々を見通す力

佐藤航陽(メタップス代表取締役CEO)

“自由人”が行き着いたAI時代の先端

「東京の常識に染まらず、固定観念に縛られなかった」。福島の地元ネットワークの中で、高校まで都心から離れて育った履歴が佐藤航陽の自由な発想力や生き方を支えた一要素に映る。ビッグデータ解析やオンライン決済サービスを手掛ける現在のメタップスの前身企業を約10年前に設立。今ではAI(人工知能)活用の分野でも、時代の先端をひた走る存在となった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
起業家に学ぶ 10年後も稼げる条件

週刊ダイヤモンド

人工知能(AI)が進化し、長寿命化社会を迎えた今、教育の在り方が大きく変わっている。受験戦争を勝ち抜き、有名大学を出て大企業に入り、順当な出世コースを歩むという戦後の教育スタイルはもはや成り立たない。一方、自ら仕事を生み出し、道を切り...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません