他国を「糞壺」呼ばわりし、アメリカを裏切り続ける最低の大統領

ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任してから間もなく1年。選挙期間中からやりたい放題だったトランプは、その後も言動が変わらないようです。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、トランプ政権のホラーさながらの現状をお伝えします。

最低の大統領を更新中

選挙中から言いたい放題、やりたい放題だったトランプは、大統領になってからも言動を改める様子はなく「アメリカ史上最低の大統領」という評価を更新し続けている。

1月5日に発売されたマイケル・ウルフによるトランプ政権の暴露本「Fire and Fury(炎と怒り)」は、大統領の暴露本の中で最もゴシップ的な内容で、トランプの人間としての卑小さをあらわにしている。

しかも、これがトランプに関する現在の最大ニュースではないのだ。

暴露本発売日の前日、共和党と民主党の議員らが「超党」的な移民対策をトランプ大統領と話し合うための小規模なミーティングを行った。

その会議の最中、トランプは、ハイチ、エルサルバドル、アフリカ諸国からの移民に対して「なんでこれら糞壺(shithole)の国の者をここ(アメリカ)に来させるんだ?」と言い、かわりにノルウエーのような国からもっと移民を受け入れるべきだと提案した。その後、「なぜこれ以上ハイチ人が必要なのだ?」「排除しろ」とも加えた。

shitholeを「便所」や「肥溜め」と翻訳する人は多いようだが、それらの日本語ではこの言葉が持つ汚さや下品さが伝わらない。そこで、SF作家の藤井太洋さんのツイートを参考に、『蟹工船』(小林多喜二)に出てきた「糞壺」という単語を使用させていただいた。

アメリカを裏切り続ける行為

国の指導者にはあるまじきトランプの発言に対し、ターゲットにされた国々だけでなく、多くの国から非難が殺到した。

会議に出席していた共和党議員のうち2人は「記憶にない」という(よくある)言い訳をしているようだが、同じく同席したリンゼー・グラム上院議員を含め、アメリカ国内の保守からも批判の声は上がっている。

アメリカはそもそも理念のもとに造られた移民の国である(異論はあるだろうが、それは別として)。トランプが貶めているのは、侮蔑した国々とそこからの移民だけでなく、国家としてのアメリカが尊重してきた「インテグリティ(公正さ、誠実さを含む品格と一貫性)」を裏切る行為だというものだ。

ネオコン系の雑誌『ウィークリー・スタンダード』の創刊者で政治評論家のビル・クリストルは、トランプを批判する次のツイートをした。

「2週間前、26歳の兵士が燃えさかるブロンクスの住居ビルに何度も駆け込み、自ら生命を落とすまでに多くの人命を救った。彼の名前は、エマニュエル・メンサー一等兵。ドナルド・トランプが平均より非常に劣った移民を生み出すと考えているらしいガーナからの移民だった」

「君はどこから来たの?」

トランプのとんでもない発言のバックラッシュか、昨年の秋に大統領執務室で起こった出来事がリークされた。内容は、その会話を直接知る2人の役人が確認しているとのことだ。

パキスタンで拘束されている家族の解放について人質交渉の専門家である女性情報分析官がトランプ大統領にブリーフィングをした。この分析官がトランプ大統領と会うのは初めてのことだった。ブリーフィングの後で大統領はこう質問した。

「君はどこから来たの?」

彼女は、ニューヨークだと答えた。だが、それは期待された答えではなかった。トランプは、「your people(君の身内)」がどこから来たのか尋ね直した。

両親が韓国出身だということを分析官が伝えたところ、トランプは、同席していた顧問たちのほうを向いて、「なぜこのかわいい韓国人女性(pretty Korean lady)を北朝鮮との交渉に使わないのか?」と尋ねた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

paravola (自分が貧困層をゴミ呼ばわりしていたのは忘れたらしい)ネオコン系の雑誌『ウィークリー・スタンダード』の創刊者で政治評論家のビル・クリストルは... 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kanako_akiyama …予想以上にトランプはひどい。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Manyaces https://t.co/QQNjMYlJBp 「オバマ大統領とトランプ大統領を比較する世論調査」「オバマ大統領の回答の選択肢には『悪い(Poor)』があるのに、トランプ大統領の選択肢にはないのだ。これでトランプ大統領の支持率が低くなるわけがない」 6ヶ月前 replyretweetfavorite

jun_saq 最後に出てくる世論調査の項目が衝撃的。 / (cakes(ケイクス)) https://t.co/IJvxhkhGtp #NewsPicks 6ヶ月前 replyretweetfavorite