7日を過ぎても毎朝食べたい「大根葉と餅の雑炊」

新年、あけましておめでとうございます。昨年末は「豚じゃがにんにくのローズマリー蒸し」「ピリピリチキン」と、お酒にピッタリのレシピをご紹介しましたが、年末年始に試された方も多いのでは? お酒と料理で疲れた胃腸をねぎらう今回のレシピは「大根葉と餅の雑炊」。七草粥の材料が手に入らなくても大丈夫! やさしい雑炊の味に癒やされてください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

2018年が始まってそろそろ2週間、仕事や生活のリズムは戻ってきましたか? 私は仕事や生活はさておき、身体が戻れていないことを強烈に実感中です。とくに消化器系の内臓たちが「どこまでこき使うんだ!」と疲れ切っています。毎年のことですが、年末年始は乾杯続き、ごちそう続き、肉! 魚! 餅! 酒!の贅沢週間になるから、年明けにはすっかり疲弊して、やさしい料理で癒されたい……という内臓達のつぶやきが確かに聞こえます。先人達も同じだったようで、だからこそ1月7日に食べる七草がゆには、胃腸を休める狙いもあるわけですね。

そこで最近毎年思うこと。内臓が疲れている1月前半なら、七草がゆ、毎朝食べたい。七草粥用の七草セットって、7日限定で店頭に現れて8日には跡形もなく消えるけど、売れ残ったあれは、いったいどこに行ってしまうのだろう。8日過ぎても、しばらく置いておいてくれたらいいのになあ。胃腸をいたわる七草は、7日だけじゃなくて、しばらく毎朝食べたいって思ってる人、案外多いんじゃないかな。

というわけで、疲れた胃腸を労わるべくよく作っているのが、この大根と大根葉のお粥。もともと七草メンバーの中にいる蘿蔔(すずしろ)は大根のこと。大根自体に消化を促すジアスターゼが含まれ、弱った胃腸に優しく働いてくれるから、7種揃わないなら大根だけで作ろうというわけです。葉物を中心に野菜高騰の新春だけど、大根ならそこまででもないし。

このお粥の主役は、たっぷり入れる大根葉。ビタミンなどの栄養が豊富だし、何よりシャキシャキの食感で、にわかに健やかさを取り戻せそうな気持になれます。だからこれは、できるだけ葉付きの大根を買って、たっぷりお粥に入れて欲しい。私は元気な葉付き大根を見つけたときこそ、これを作ります。かなりシンプルな味だから、食べているとちょっと辛みや酸味のある箸休めが欲しくなるので、残った大根の皮で作るさっぱりおつまみ(これでまたお酒が飲みたくなってしまうのですが……)も一緒にご紹介します。こちらはパリパリの食感に仕上がりますよ。

お粥に入れた大根は口の中で柔らかく溶け、シャキシャキの葉の食感の違いも楽しい。また、お粥に余ったおもちを小さく切って入れると、とろみとボリュームが出ます。ちなみに、葉付き大根は買ったらすぐに葉の付け根ごと実(根)から切り離すと、実の栄養分が葉に持っていかれず、実が痩せません。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「大根葉のお粥+大根皮のしょうが漬け」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb あら、とても美味しそう! でもこれ、お餅も入っているからワシワシ食べたらお腹、休まらないよね…… 11ヶ月前 replyretweetfavorite

nrkkkkk おなか弱ってるから食べたい… 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tubaki_227 大根の葉っぱを入れたおかゆ、美味しそうだなあ。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

u3pon 早速つくってみた!煮た大根がお粥に合ってておいしい。 11ヶ月前 replyretweetfavorite