ロボット掃除機は、実は床のホコリをまき散らしている!?

普段のお掃除で、家は本当にきれいになっているのでしょうか? 実は熱心に掃除していらっしゃる方ほど、その「動き」でかえってホコリを拡散してしまい、病気の感染リスクを高めてしまっていることも。便利なロボット掃除機や吸引力の強い掃除機にも、思わぬ落とし穴があると言います。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの新刊『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、掃除機の正しい使い方について教えていただきました。

ロボット掃除機の三つの欠点

2000年代初頭に、アメリカから日本に初上陸したロボット掃除機「ルンバ」。

その人気はとどまることを知らず、国内累計販売台数は2016(平成28)年10月の段階で、すでに200万台を突破しています。

特に都市部のマンション住まいの共働き家庭には、この「ルンバ」をはじめとしたロボット掃除機は大変重宝がられているようです。その理由は、マンションなど比較的段差の少ない住宅であれば、ボタン一つ押すだけで、はたまた外出先からスマホで操作するだけで、AI(人工知能)が搭載されたロボット掃除機が、家中の各部屋をくまなく動き回って床を掃除し、家の主が帰宅する頃には自動で充電器まで戻っているという、夢のような利便性にあります。

とても便利で賢いロボット掃除機ですが、実は致命的な欠陥があります。

それは、次の三つです。

①排気口が床面に近いため、自分の排気で床のホコリを舞い上げてしまう

②湿気や静電気で貼り付いたホコリを吸うことはできない

③多くの機種では、部屋の隅のホコリを吸うことができない

最大の問題は、すべての掃除機の宿命でもある 「排気」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aoi_azuma #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite