認知症は治るのか?

認知症の治療は薬によるものが中心ですが、残念ながら、今のところ有効なものはないとされています。今回は、老いる当事者と、介護の日々を送る家族、認知症介護の現実という3つの視点から認知症について紐解いてゆきます。前半では、レクター博士の〝人間の脳のパン粉ソテー、レモン風味トリュフのソースで〟は調理可能なの?など脳の不思議にも注目。今年も久坂部センセイの『カラダはすごい!』をお願いいたします!

脳腫瘍は茶碗蒸しのぎんなん?

脳の病気には「脳腫瘍」もあります。

脳腫瘍には、「神経膠腫」「神経鞘腫」「髄膜腫」「頭蓋咽頭腫」など、由来する細胞によってさまざまな種類があります。肺がんや乳がんなどが転移した「転移性脳腫瘍」もあります。

良性から悪性までさまざまですが、良性の腫瘍でも、大きいと脳を圧迫して麻痺を引き起こしたり、場合によっては、「脳ヘルニア」といって、脳の一部が「大後頭孔」から脊髄のほうへはみ出したりする(死に直結する危険な状態)ので、手術で取り除かなければなりません。

私は麻酔科にいたとき脳腫瘍の麻酔もかけましたが、ある荒っぽい脳外科医に驚かされたことがあります。肺がんが脳に転移し、複数の腫瘍があった患者の手術です。ふつうの脳外科医なら、正常な部分をよけて、腫瘍だけを取り出そうとします。しかし、それでは時間もかかるし、出血量も多くなります。その脳外科医は、なんと腫瘍の含まれる前頭葉の半分ほどを、ごそっとまとめて切除したのです。これだと時間も短く、出血量も少なくてすみますが、正常な部分もかなり取ってしまうので、あとが心配です。私は麻酔が覚めるかどうか、気が気ではありませんでしたが、無事に意識がもどってほっとしました。ですが、切除された部分に入っていた記憶や能力は、すべて失われたことでしょう。

手術のあと、その脳外科医が切除標本から腫瘍をより分けているのを見ましたが、それは茶碗蒸しの中からぎんなんを取り出しているようでした。脳は固めの豆腐かフグの白子のようなので、指で押さえれば簡単につぶれるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

脳腫瘍は茶碗蒸しのぎんなんにそっくり? カラダのトリビアを徹底解剖!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

niina_noriko 荒っぽい脳外科医に担当されたくないなあ 9ヶ月前 replyretweetfavorite