復讐手帖

女を勤め先の受付に呼びだし「どうして夫とつきあうの?」と絶叫!

前話(「夫の浮気相手のパート先に就職……」)のように、夫の不倫相手にあえて会いにいく妻は相対的に多い。 理由は「なんとなく興味があって」だ。ところが会いにいって顔を見ると、そこから憎悪が育っていく。そんな妻たちの怒りはすさまじいが、既婚男性とつきあい破局した独身女性たちによる、いまどきの「復讐劇」もバラエティに富む。行き場を失った女の想いが向かう果てを描いた『復讐手帖』をcakesで特別連載!

夫の不倫相手に会いに行く、現場を押さえて実体を知ると、いろいろな感情がわき起こってしまうのは当然だろう。 また、もともと顔を見知っている人が夫の相手だとわかったときも、妻たちの怒りはすさまじい。顔がわかると攻撃も具体的になるようだ。
まずは妻たちによる、さまざまな復讐の例をさらに列挙してみたい。

Case1【 突然、女の会社に会いにいく 】

夫の様子がおかしいので、毎日詰問、ついに浮気を認めました。相手は同業他社の20代の女性。お金があるわけでもないうちの夫のどこがいいのか、どんな女なのか知りたくて、彼女の会社に突然行ってみました。
受付で相手の名前を告げ、待っている間に「うちの夫とおつきあいしている女性らしいんですよ」と受付の女性たちに話したんです。みんなどんな顔をしたらいいかわからなかったみたい。彼女が受付まで来てきょろきょろしていたので、「〇〇の妻です。いつも夫がお世話になっているようで」と皮肉たっぷりに言ってやりました。彼女はあわてふためき、私を外へ連れ出そうとしたので、「いいですよ、外に行かなくて、ここで話しましょう。あなたはどうして家庭のある男とつきあってるんですか」と最大の声を振り絞りました。
「お願いですから、ここじゃなくて」と言う彼女に、「だってうちの夫をたぶらかしてるのはあんたでしょ!」と私は絶叫。
ついに彼女は土下座して泣き出しました。受付の女性が呼んだのか、彼女の上司が出てきたけど、私は「部下の不倫をどう思ってるんですか」と言っただけで去りました。
彼女、けっこうきれいな人でした。ほんと、どうして夫となんかつきあったのかさっぱりわからない。吊るしあげてすっきりしたかと言われれば、しないよりはマシだったかなという程度です。
それから1か月、夫とはぎくしゃくしていますが、今のところはおとなしく帰ってきています(40歳・結婚12年)

Case2【 女の両親に手紙を書いた 】
夫の不倫相手は、夫が経営する小さな会社に勤めるごく普通の家のお嬢さん。夫は部下に手をつけたわけです。そもそもそれが許せない。しかも彼女、うちに遊びにきたこともあるんですよ。2年もつきあっていたというのだから、ずいぶん私をバカにした話です。
顔を知っているから憎さ倍増でしたね。彼女のご両親あてに手紙を書きました。お嬢さんが私の家庭を崩壊させようとしている、と。
ご両親からはすぐに電話がきて、深く謝罪をされました。「娘は会社を辞めさせる」とも。非常に良識のある親御さんでした。
彼女はすぐに会社を辞めたそうです。親御さんとの関係はどうなったでしょうね。実は、夫の仕事は狭い業界。夫の浮気がわかったとき、私は同業の夫の友人に涙ながらに相談しておいたんです。きっと業界で噂になっているから、彼女は同業他社には就職できないでしょうね(47歳・結婚17年)

Case3【 女が暮らすアパートを急襲 】
夫の不倫相手の住所がわかったので、ある日の夜、行ってみたんです。夫とともに帰ってくるならそれでもいいと覚悟を決めて。
電気がついていたのでチャイムを鳴らすと、玄関のドアを開けたのは彼女。男物の靴が見えたので夫がいるのかと思いましたが、なんと彼女の後ろに見えたのは、夫ではない若い男。
「〇〇の妻です。あなた、うちの夫とつきあっているでしょ。訴えるわよ」
真っ青になって震えている彼女。
後ろから「どうした?」と男が顔を覗かせます。
ここぞとばかり、「あなたの彼女、うちの夫と不倫してるのよ、どうにかしてよ」と言うと、彼の顔色も変わりました。
「嘘よ、してないわよ、不倫なんて」
彼女は必死にそう言いました。
「証拠見せましょうか、興信所で調べてあるけど」
はったりでそう言うと、彼女は体の力が抜けたようにしゃがみ込みました。
「もう二度と会わないでね」
そう言うと、私は玄関のドアを閉めました。
彼女の泣く声と彼の「どうなってるんだよ」という怒声が背中で聞こえました(43歳・結婚8年)

Case4【 夫を尾行、ラブホテルの入口で女に殴りかかった 】
夫の相手は、以前、派遣で会社に来ていた女性。人妻です。彼女が別の会社で働くようになってからも密会している。だいたい証拠はつかんでいたんですが、ふたりが会っているところをこの目で見たかった。ある日、夫の会社前で待ち伏せ、尾行しました。
繁華街のレストランで待ち合わせ、軽く食事をしたあと近くのラブホテル街へ。入口近くでキスを交わし、ふたりがホテルへ入った瞬間、後ろから「何やってんのよ」と叫びました。
近くで見たら、彼女、夫よりかなり年上。それで逆上してしまったんです、私。
「こんなババアのどこがいいのよ」
言うなり、彼女を突き飛ばしました。今思い出しても、血が逆流するほど腹が立ちます。
転んだ拍子に彼女、足を捻挫したらしいですが、自業自得ですよね(36歳・結婚4年)

復讐劇の数々は、けっこう衝撃的だ。どの女性もわりと淡々と話しているのが印象に残った。最後の女性が言ったように、「相手が悪いのだから自業自得」という思いがあるからだろうか。

そこで今度は、独身女性が既婚男性と不倫した末の復讐劇を紹介していきたい。
正しくは、独身の場合は不倫であってもあくまでも「恋愛のひとつ」なのだろうが、相手が結婚していれば、一般的にはやはり不倫と言われてしまう。

case❶ 【 自分以外の女性との浮気現場写真を自宅に送付 】
既婚の上司と3年間もつきあっていました。でもあるとき、「妻にバレそうなんだ、ごめん」といきなりフラれました。ところがその数週間後、見ちゃったんですよね。上司と私の同期がラブホテルに入っていくところを……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
復讐手帖

亀山早苗

別れた男、不倫相手、夫……。男の裏切り、心変わり、嘘の塗り重ねに、行き場を失った女性たちの想いが”復讐”という形で狂気に変わっていく。独身男女の愛がこじれたとき、夫の不倫を知ってしまったとき、自分自身の不倫の末……など、実際にあった復...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード