ガルパン道ノススメ

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』レヴュー!

ガルパンがもっともっと面白くなる短期集中連載、今回は最終回にして特別篇をお送りします。アーサー・C・クラーク、レイ・ブラッドベリらの翻訳を手がけるSF翻訳家にして、SF界のガルパンおじさんを代表するひとりである中村融氏による『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』レビューです。(※内容のちょいバレがあります! 未見のかたはお気をつけください※)

 2012年にTV放映がはじまったアニメ『ガールズ&パンツァー』(以下ガルパンと略す)は、その後OVA、劇場映画と発表形式を変えながら発展をつづけ、ついに『最終章』に突入した。その『最終章』が全6話から成り、劇場公開されると発表されたのは、2016年11月13日に茨城県大洗町で開催された第20回あんこう祭においてだったが、そのときステージに立った監督の水島努氏は『最終章』の内容について訊かれ、つぎのように答えた。

「1巻は後日談からはじまるので、戦車戦はあまりないです。どちらかというと日常が中心になるので、1巻から戦車戦をブァーッと楽しみにしていると、アレッと思ってしまうかもしれません」
*水島監督の発言は、『ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート Blu-ray』収録の特典映像にて確認・引用した。
「1話」ではなく、「1巻」となっているのは、そのためである。(著者注)

 クリエイターといわれる人種の発言が当てにならないのは洋の東西を問わないが、それにしても……。『最終章 第1話』のふたを開けてみれば、のっけから激しい戦車戦。それも大洗女子学園チームが、絶体絶命のピンチに立たされている模様。河嶋桃がパニックにおちっているのはいつものことだが、秋山優花里や武部沙織まで浮き足立っているとすれば、ただごとではない。

 と思っていると、一転してTVシリーズを思わせるオープニングがはじまり、つぎつぎと現れる戦車と人物に目が奪われる(黒森峰と大学選抜が共闘しているように見えるぞ!)。画面を止めてくれ、と悶絶しているちに本篇が開始され、時間をさかのぼる形で「無限軌道杯」という新たな戦車道の大会への参加、新戦力の発掘と話が進んでいく。あとはジェットコースターなみの急展開。あれよあれよという間に40分あまりが経過し、TVシリーズと同じ形式のエンディングが流れて、「ああ、面白かった」という高揚感につつまれて観客は席を立つことになる。まさにスタッフの手のひらの上で転がされた気分。この翻弄された感じが、たまらなく心地よい。

 オープニングとエンディングがTVシリーズと同じ形式を踏襲していることからわかるとおり、『最終章』は『劇場版』よりもTVシリーズに近いのだろう(尺の長さも、6話分を足せばTVシリーズ1クールとほぼ同じだ)。とすれば、この段階で評価をくだすのは早すぎる。特に気に入った点と、すこし考えさせられた点を記してレヴューに代えたい。

 まずいえるのは、『劇場版』にくらべて『最終章』は、むかし懐かしい「まんが映画」寄りになっていることだ。いい換えれば、荒唐無稽の度合いが強まっている。その最たる例が、新しく登場した学園艦の底部とサメさんチーム。とりわけ後者は、これまでのガルパンにはなかったキャラクターであり、異分子の感が強い。

 だが、見ているうちに、このチームが新たな血として必要だったことがわかってくる。というのも、あんこうチームをはじめとして、大洗の戦車道チームは経験を積み、練度をあげて完成の域に近づいているからだ。つまり、伸びしろがすくないわけだ。そのため、成長の余地を大きく残したチームが導入されたのだろう。

 同じことは、サメさんチームが乗る戦車、マークⅣについてもいえる。第一次世界大戦当時の兵器であり、その性能がほかの戦車に劣ることは明らか。この戦車をどう活躍させるかが、スタッフの腕の見せどころにちがいない。

 と思っていたら、早速やってくれました。戦車の性能も、乗員の技量も低いマークⅣが大洗のピンチを救うのだ。それも菱形戦車の特徴を最大限に活かした形で。個人的には「最終章 第1話」でいちばんワクワクしたのがこの場面だった。今後もサメさんチームから目を離せそうにない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
ガルパン道ノススメ

中村融 /酒井昭伸

12月25日発売のSFマガジン2月号では、「最終章 第1話」が絶賛上映中の「ガールズ&パンツァー」を特集しています。これを記念して、本特集の監修を務めた翻訳家・酒井昭伸氏による特別コンテンツをおおくりします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sukaikuraddo #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite

venomsnake5963 https://t.co/0PFQArdRSP 10ヶ月前 replyretweetfavorite

soymilkflake オープニングの、画面を止めてくれ…!すごい分かる笑 40分なんてあっと言う間で6話分一気見したい欲が半端なかった。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 大昔(、戦車モデルに凝った時期があったなぁ…… SF界を代表するガルパンおじさん、最終章を観る。 10ヶ月前 replyretweetfavorite