あさり、ぶた、トマト! ご飯に溶け込むうまみの三重奏![第17回]

5月になり夏らしい気配が漂ってきました。この季節、ますますビールがおいしくなってきますが、泡もの系のシュワシュワワインも負けず劣らずおいしいですよね。さて、今回ご紹介するのは、旬のあさりと豚肉を使った料理。この組み合わせはポルトガル南部では定番だそうで、それにトマトを加えたうま味いっぱいの一品です。ワインとの相性バッチリなので、普段ワインを飲まない方もこの機会にトライしてみては?

みなさんこんにちは!

風薫る5月到来ですね。
街路樹や沿道の緑も
太陽の光をたっぷりと浴びていっそう色鮮やか。
おかげですがすがしい気分を味わえるから、
気持ちいいことこの上なし!

長いGWも終わって少し落ち着くこの時季は、
間もなくやってくる初夏の訪れを前に
ワクワク感も芽生えてきます。
GWにリゾート地などでひと足先に夏を感じてきた人は、
思わずそのままのノリで
夏モードの服を着続けたくなったりしませんか?
でも、東京でそれをやると必ず風邪を引きますよー。
何を隠そう、
先取り服で先取りし過ぎて何度も風邪をひいたのはこの私。
だって、自分からでも早く夏を始めたかったんですよ、
そのときは。

夏の装いはまだちょっと早いんだけど、
でもあと少ししたら、
Tシャツ1枚でも大丈夫な日が確実に増えてくる。
楽しみです!

そうそう、
5月に入ると日々のビールがますますおいしくなって、
泡もの系ワインの出番も多くなりますよね。

私の場合、
夏はビールと同じかそれ以上に、
ポルトガルの微発泡ワイン「ヴィーニョヴェルデ」
を飲みます。
冷蔵庫内はすでに
大量のヴィーニョヴェルデがスタンバイ開始です。

おや、
そこのあなた様、
もしやまだヴィーニョヴェルデを飲んだことがない?
なんてもったいないことを!!
この夏はぜひ、
ポルトガルのショワショワするワインに
トライしてみてください。
この連載上でも、
これから夏に向けて
いろいろなヴィーニョヴェルデを紹介して参りますので、
ぜひ参考にどうぞ。

さて、今日のおつまみはといいますと、
前回に引き続き、旬のあさりを使ったメニュー
「あさりと豚バラごはん」
です。

あさりと豚肉の組み合わせは
ポルトガルのアレンテージョなどの南部地方では定番です。
今回はそこからイメージし、
私の食べたいごはんにアレンジしました。

このごはん、とにかくうまみだらけです。
あさりのうまみ(コハク酸)、
豚肉のうまみ(イノシン酸)、
トマトのうまみ(グルタミン酸)が合わさって、
鍋の中で食材たちが料理を勝手においしくしてくれます。
働き者の食材ばかりで、ありがたい限り。
ボリュームもあるので、
ひと皿でつまみもメインも兼ねちゃいます。
忙しいけどワインも楽しみたい、
という人の晩ごはんにもピッタリ。
たっぷり作れば、おもてなしにも対応できますよ。

どんなお料理かといいますと、こちらになります。


第11回の連載でご紹介した「たこごはん」のように、
リゾットと炊き込みご飯の間に位置するような
うまみだしたっぷりの、
しっとりやわらかめのごはんに仕上がります。

では、早速作っていきましょう。
材料はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

soymilkflake 食べたいものを作るとだいたい魚介類主役になる初夏。あさり美味しかった^^ 約3年前 replyretweetfavorite

motokik 絶対うまいよね、これ。材料も簡単だし今度の休みに作ってみよ。|【第17回】 4年以上前 replyretweetfavorite

hasex タイトルだけでクリック余裕でした。これ絶対うまいやん…。/【第17回】 4年以上前 replyretweetfavorite

gateballism ゴクリ。/【第17回】 4年以上前 replyretweetfavorite