メゾン刻の湯

役に立たない2割の怠けアリにも居場所はある

「てんでダメで、ぶらぶらしているような、2割の怠けアリこそ、こういう場所には必要なんだ」銭湯を取り仕切る青年・アキラからそう言われたマヒコは、初対面で貶されたことを憤る一方、必要とされる喜びも同時に感じていた――。社会からハミ出たくせものたちの集まる銭湯シェアハウスが舞台の傑作青春小説、第4話です!

 青年はにやりと笑って言った。

「君だろう。そこそこの大学を卒業したにもかかわらず、就職できなかったっていうトーヘンボクは」

 あまりに突然のことに、僕は自分がけなされていると気づくのに数秒を要した。彼は続けた。

「いいね、君、実にいいよ。僕、君みたいなの大好きさ。あ、君みたいなっていうのはさ、わかるよね?てんでダメで、フラフラしていて、将来のこと、何一つ自分で決めらんない、甘ったれのデクノボーってことだよ。そういうダメなやつが一人くらいいた方が、こういう場所ってのは、回るんだ。うん、いいね、実にいい」

 顔がふつふつと火照り出すのを感じた。いきなり何を言い出すんだこいつは。というか、なぜ蝶子はその事をこいつにバラしてる?

 戸惑いながら口を開こうとした僕を、蝶子が遮った。

「で、ここが今日からあんたの住む場所」

 僕は仰天した。住むって?どこに?

 まだ状況の飲み込めていない僕に構わず、男は相変わらずニヤニヤしながら

「安心してよ。住居部分はあっちにあるんだ。蝶子さん、案内してくれるかな」と言った。蝶子はそれを聞くと勢いよく立ち上がり、行こ、と言って僕の手を取る。僕は思わず身を引いた。

「おい、ちょっと待てよ。どういうことだよ」

「言ってなかったっけ。アキラさん、今、新しい住人を募集しているんだって。あんたにぴったりでしょう」

「なんで勝手に決めてんだよ。僕、何にも聞いてないぞ」

 アキラは頬杖をつくと、面白がるように僕を見上げた。鳶色の瞳にランプの光が反射し、虹彩の淡さが一層強調される。

「君さあ、ふてくされてんだろう」

 はあ、と僕は思わず聞き返した。

「社会に受け入れらんなくて、ふてくされてんだろう、受け入れてくれなかった社会に、ムカつきつつ、馬鹿にしてんだろう。うん、いいね、実にいいよ。場所の質っていうのはさ、そこに長くいる人間の質で決まるだろ、君なんかまあ、合格だね。僕はさ、8割の働きアリには興味ないの。何にもやることなんかなくって、てんでダメで、ぶらぶらしているような、2割の怠けアリこそ、こういう場所には必要なんだ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

”正しく”なくても”ふつう”じゃなくても懸命に僕らは生きていく。銭湯を舞台に描く、希望の青春群像劇

メゾン刻の湯

小野 美由紀
ポプラ社
2018-02-09

この連載について

初回を読む
メゾン刻の湯

小野美由紀

”正しく”なくても”ふつう”じゃなくても懸命に僕らは生きていく。「傷口から人生」の小野美由紀が銭湯を舞台に描く、希望の青春群像劇! どうしても就活をする気になれず、内定のないまま卒業式を迎えたマヒコ。住む家も危うくなりかけたと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sharuka0 あっこれは……おもしろいね!? 11ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 11ヶ月前 replyretweetfavorite

usagiwaka 舞台観ているような文体だな。 11ヶ月前 replyretweetfavorite