サラリーマンこそ、絶滅危惧種? どんどん変わる働き方。

就活という言葉からわかるように、日本人にとっては、「会社に就職し、サラリーマンになる」のは、普通のことのように思えます。でもいま、このサラリーマンの社会に、劇的な変化が起きています。正社員、非正規という、ある一種の「身分差別」は改善され、スペシャリストは流動的な存在に。日本の会社の仕組を知って、働き方を考えよう。話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。


読んだ人から得をする話題の書

『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)


正社員と非正規は日本独特の「身分差別」

 バックオフィスは「オフィス(会社)」の仕事なのですから、全員が「会社員」のはずです。ところが日本では、ここに「正規(正社員)」と「非正規」という区別が入ってきます。

「非正規」のはたらき方は、次の3つのいずれかに該当します。

(1)パートタイムではたらいている

(2)契約期間が定められている

(3)派遣社員のように、会社に直接雇用されていない

 日本の正社員はこのどれにも属さない、「フルタイムの無期雇用で、会社に直接雇用された労働者」ということになります。

 日本では、「あなたは“正社員”ですか、“非正規”ですか?」という質問は当たり前ですが、海外では、「フルタイムですか、パートタイムですか?」などと質問します。ささいなちがいのようですが、ここには重大な意味があります。海外では雇用条件を訊いているのに、日本では「身分」を訊いているのです。

 日本では、「正規」と「非正規」ははたらき方のちがいではなく、「身分」のちがいです。「正社員」というのはその名のとおり、会社という共同体の「正メンバー」で、「非正規」は会社共同体のよそ者(二級社員)なのです。

 海外では日本のような「身分」のちがいがないので、パートタイムからフルタイムになったり、出産や親の介護のためにフルタイムからパートタイムに変わったりすることがよくあります。そのときも「非正規から正社員になれた」「正社員だったのに非正規に落ちた」などとはいわず、「いまはフルタイム(パートタイム)ではたらいています」と雇用条件をこたえます。欧米には「正社員」というはたらき方はないので、英語では仕方なく“SEISHAIN”を使っています。

 このように考えると、なぜ「非正規」が日本で大きな社会問題になるかがわかります。「正規」か「非正規」かで人間を区別するのは、世界では日本にしか存在しない“身分差別”なのです。

 安倍首相は「日本から非正規という言葉を一掃する」と宣言しましたが、その理由はこのことが国際社会にバレて、「身分差別社会ニッポン」のレッテルを貼られることを恐れているからなのです。

どんどん変わっていくサラリーマンの仕組み

「サラリーマン」が和製英語で海外ではまったく通用しないことからわかるように、クリエイター、スペシャリスト、バックオフィスの「3つのはたらき方」のどこにも入りません。強いていえば、「スペシャリストとバックオフィスのあいだにいるひとたち」ということになります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これからの働き方を考えよう!

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

Laplus_Box 一部の意識高い高度プロフェッショナルな方々が フリーランサーになるだけ。日本は まだまだ当分は 会社に属する (cakes(ケイ... https://t.co/4HO0B3O43d #NewsPicks 3年弱前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 こちらはcakesさんの連載。世界で日本にしか生息しない「サラリーマン」とは何者か?という話をしています。 3年弱前 replyretweetfavorite

d_shimo #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite