Q.何の本でしょう?→主人公は弁護士の「中世版リーガル・ハイ」

読みたい1冊はすぐ見つかるけど、その次の1冊が見つからないって「本好きあるある」の1つですよね。というわけで本日は、『図書館戦争』、『オリガ・モリソヴナの反語法』、『スティル・ライフ』の3つの「次の本」をご紹介します。【全国書店で#好きな本を語ろう第3号「私の人生を狂わせた本」書店連動フェア開催中!】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦!

『図書館戦争』有川浩
の次に読みたい3つの本

『後宮小説』酒見賢一
(新潮社)

『図書館戦争』もそうなのだけれど、文体と世界観と内容がぴたっと「それしかない」ほどに合う幸福な小説、というのは

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版3刷出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

squid333 自分も読んでおもしろかった本が、系統だてて「そう来たか!」という関連で紹介されているとなんだか嬉しい 約1年前 replyretweetfavorite