すてきな「孤独」を味わう夜に。谷川俊太郎のベスト・アルバム詩集

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。35作目は、谷川俊太郎の『すてきなひとりぼっち』。 谷川俊太郎という詩人を見るとき、私はいつも「神様から愛された」という形容詞をつけたくなる。言葉の神様に愛された人っているんだなぁ。そうしみじみ思う。【3刷出来!】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

詩の世界に触れてみたいって思いはじめたあなたへ

『すてきなひとりぼっち』谷川俊太郎
(童話屋)初出2008

ひとりはさびしい VS けど、すてき

誰もが知る詩人・谷川俊太郎の誰も知らないベスト・アルバム詩集。私たちがふだん使っている言葉と同じ言葉なのに、どうしてこんなふうに扱えるのだろう。#詩集 #教科書にも載ってた「朝のリレー」など所収 #谷川俊太郎の詩の中から選りすぐった一冊 #詩初心者の人におすすめ#詩に興味のない人にもおすすめ #装丁もコンパクトサイズでかわいい #童話屋という出版社もおもしろい #ぼんやり何か言葉を読みたいときに


 て、天才か、と思うのは、実は小説家に対してよりも詩人に対しての方が多い。
 Giftという単語には「才能」という意味があると知ったとき、しっくりくるものがあった。神様から贈られた才能。—天才だと思う人々に対して、そんなふうに感じることがよくある。
 谷川俊太郎という詩人を見るとき、私はいつも「神様から愛された」という形容詞をつけたくなる。言葉の神様に愛された人っているんだなぁ。そうしみじみ思う。

「ひとりだっていいじゃない」思わせてくれる一冊

『すてきなひとりぼっち』は、谷川俊太郎の詩集である。
 アーティストで言うところの「ベスト盤」のように、どれもこれも神様に愛された言葉ばかりが並んでいて、読んでいてくらくらする。すべてがすべて名曲ってどゆこと。そう言いたくなる(※曲ではないですが)。
 谷川俊太郎の詩は、現代日本語という大きな世界に対してどこまでもフロンティアを見出しているように見える。
 言葉の世界は別に丸くない。未開拓、新天地、フロンティアはどこまでも見出していける。
 この詩集に載る言葉一つひとつは私たちがよく使うものであって、一見どうということもない言葉たちだ。
 なのに

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版3刷出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m3_myk こちら、谷川俊太郎さんの『すてきなひとりぼっち』(童話話)をご紹介してます。装丁も、とっても素敵な一冊です。ひとりの夜に、ぜひ。 https://t.co/O2KrtlY5PE 9ヶ月前 replyretweetfavorite

bear_yoshi 「言葉は使い方によって体重が変わるのだ、と知ったのはこの人の詩を読んでからのことだった。」 9ヶ月前 replyretweetfavorite