セカンドキャリアの“旨み”は食わず嫌いに隠れている

50歳でプロ野球界を引退し、セカンドキャリアをスタートしたばかりの山本昌さんが「これだけは絶対にやらない」と決めていたこと。それは「講演会でしゃべること」。ところがあるとき、やむにやまれぬ事情から、苦手の講演会の仕事を引き受けることとなり…。そして臨んだ「最初で最後の講演会」の結末は⁉

引退したプロ野球選手はよく講演会をやるけれど

セカンドキャリアを始めるにあたって、ぼくが所属事務所の仲間たちに宣言したことがある。それは講演会は絶対にやらないということだ。

「講演の仕事は取ってきちゃダメだよ。ぼくは絶対にやらないからね」

何度も念を押していた。

セカンドキャリアでもチャレンジを続ける山本昌さん。だが、講演会の仕事だけは受けたくなかったという。

引退したプロ野球選手が、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

セカンドキャリアを楽しむためには、ちょっとの努力とコツがいる

この連載について

初回を読む
山本昌の楽しいセカンドキャリア講座|笑顔の習慣34

山本 昌

第二の人生は現役時代より忙しい――。50歳でのプロ野球界引退後、現在は野球解説者、コメンテーターとして引っ張りだこの山本昌さん。「マイナス思考の塊だった」という彼の人生を変えたのは、たった1つの習慣だった⁉ 仕事と趣味の2つの視点でセ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamamoto34masa 「笑顔の習慣34」発売記念連載。 今回は「講演会」についてお話しています。 聞いてみたいという方は是非、講演会に呼んで頂けると嬉しいです! https://t.co/3seiFmbwWq 3年弱前 replyretweetfavorite