山本昌は「推理小説」を読むように野球を解説する

野球解説者としてメディアから引っ張りだこの山本昌さん。「わかりやすくて深い」と多くの野球ファンに支持される解説の特徴は、監督采配や選手のプレー、試合展開を予想して、短い言葉で根拠を伝えて、視聴者と一緒になって野球を楽しんでしまうところにあります。“ユーザーフレンドリー”な解説スタイルでときには“大胆予想”も恐れない昌さん。その笑顔の内側には野球人としての特別な思いがあったのです。

解説者1年生・昌さん"大胆予想"の真意とは⁉

セカンドキャリアも3年目を迎え、不安だらけだった解説業も徐々に板についてきたようだ。最近では解説ブースで、野球の魅力を伝える面白さを噛みしめている。まだまだひよっことはいえ、周りを見る余裕が出てきたのかもしれない。

放送席から見るナゴヤドーム。引退して解説者になり見える景色は180度変わった。写真はぼくの相棒“ジャイ”こと山﨑武司とのダブル解説時の一コマ。

解説者は奥深いところに潜む勝負の綾を、限られた時間の中でわかりやすく視聴者に伝えなければならない。これは決して簡単ではないが、腕の見せどころでもある。

例えば2016年10月、ぼくは日本ハムファイターズと広島カープの日本シリーズを取材する機会に恵まれた。

伸び盛りの若いチーム同士が激突したシリーズは第5戦を終えて、ファイターズの3勝2敗。10年ぶりの日本一に王手をかけた。ここで焦点となったのが、第6戦の先発投手である。エースの大谷翔平を立てるのか、それとも別の投手で行くのか。

他局のスポーツニュースを見ると、ほとんどの解説者が大谷を予想していた。王手をかけた以上、もっとも信頼できる大谷で一気に決めに行くはずだ、というのが大方の論調だった。

だがその夜、日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」に出演したぼくは次のように明言した。

「明日は大谷では

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

セカンドキャリアを楽しむためには、ちょっとの努力とコツがいる

この連載について

初回を読む
山本昌の楽しいセカンドキャリア講座|笑顔の習慣34

山本 昌

第二の人生は現役時代より忙しい――。50歳でのプロ野球界引退後、現在は野球解説者、コメンテーターとして引っ張りだこの山本昌さん。「マイナス思考の塊だった」という彼の人生を変えたのは、たった1つの習慣だった⁉ 仕事と趣味の2つの視点でセ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

y_urayama 結果を推測する過程の面白さ。 2年以上前 replyretweetfavorite

toripappa (自動) #野球 2年以上前 replyretweetfavorite

greenblue6960 https://t.co/pddVuq561T 野球で生計を立てているぼくとしては、自分の解説を通じて、ひとりでも多くの人が野球を好きになってほしいという思いがある。野球ファンが減… https://t.co/F3zqaxGqZW 2年以上前 replyretweetfavorite

baka_in_black 野球で飯を食ってるから野球の人気を落としたくない、だから野球を考える楽しみを伝えたい、と。このヒトの理屈っぽさが好きだな。古田と飲みながら大谷について語ってたのなんかは最高だった。 2年以上前 replyretweetfavorite