山本昌「どうやらぼくの笑顔には周りを明るくする力がある、らしい…」

50歳での現役引退とともに幕を開けた山本昌さんのセカンドキャリア。所属事務所社長のちょっと意外な一言に背中を押され、球界の“レジェンド”は新たな世界に踏み出すことに。最新刊『笑顔の習慣34〜仕事と趣味と僕と野球』を発表する昌さんが、あらためて自身のトレードマーク、「笑顔」について考えます。

プロ野球選手をやめて解説者となり、ぼくはいま、とある小さな事務所に所属している。

所属タレントはぼくと、ドラゴンズ時代の相棒"ジャイ"こと山﨑武司。以上、たったのふたり。スタッフというとこちらもふたりで、社長と若いマネージャーだけ。4人で東奔西走、試行錯誤、叱咤激励を繰り返している。

セカンドキャリアでも“チームメイト”になった、ぼくの相棒・山﨑武司

この事務所でお世話になるにあたって、社長はぼくにこんな話をした。

「私は、昌さんが楽しんでいるところをみなさんに見てほしいと思っています。昌さんの笑顔は、周りの人を明るくする力があると思うんですよ」

「あれしろ、これしろ、たくさん稼げ」といって尻を叩かれるのかと思いきや、「楽しんで笑顔を見せよう」。ちょっと意外で印象に残った。

"笑顔"こそがぼくのトレードマーク

この言葉をきっかけに、ぼくは笑顔について初めて考えてみた。

プロ野球選手をやっていた32年間は、笑顔が少なかったような気がする。一級品の決め球がないから、それなりに勝っているときでも、打ち込まれる恐怖がいつもつきまとっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

セカンドキャリアを楽しむためには、ちょっとの努力とコツがいる

この連載について

初回を読む
山本昌の楽しいセカンドキャリア講座|笑顔の習慣34

山本 昌

第二の人生は現役時代より忙しい――。50歳でのプロ野球界引退後、現在は野球解説者、コメンテーターとして引っ張りだこの山本昌さん。「マイナス思考の塊だった」という彼の人生を変えたのは、たった1つの習慣だった⁉ 仕事と趣味の2つの視点でセ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamamoto34masa 1/24発売「笑顔の習慣34」の出版記念の連載です。 今回はタイトルにもある「笑顔」について、本の中身を少しだけ公開しています。 期間限定なので是非、読んで頂ければと思います! https://t.co/3AcKyus6LM 3年弱前 replyretweetfavorite

ikki_0306 笑う門には福来る、ですね。 3年弱前 replyretweetfavorite

hisatot フロンターレに #frontale 3年弱前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "プロ野球選手をやっていた32年間は、笑顔が少なかったような気がする。一級品の決め球がないから、それなりに勝っているときでも、..." https://t.co/kgK3XvOF6x https://t.co/S56uGVx21i #drip_app 3年弱前 replyretweetfavorite