あきらめるのは、早くない?

【第47回】
さらわれた少女が監禁されている部屋の扉を、ついに見つけた。
最後に残された今村の超能力で扉を開けようとするが、あと一歩のところで力が及ばない。
ここまで来て、あきらめなければならないのか……?
小説すばる新人賞作家・行成薫が描く、先読み不能の「超能力」エンターテインメント!


「もう一回やったらいけそうじゃないか?」

 金田が、ひん曲がった金具を見ながら、今村に声を掛けた。だが、今村は力なく首を振る。きっと、能力の使用に制限のある金田は、感覚がわかるのだろう。唇を嚙んで、そうか、と呟いた。

「どう、しましょうか」

「どうもこうも、力が使えないんじゃ、しょうがない」

 サトルが絶句し、金田も目を閉じた。亜希子や彩子も口を動かそうとしたが、言葉を吞み込んだように見えた。今村は立ち上がり、すみません、と、もう一度深々と頭を下げた。

 高校の時の記憶が、また蘇ってきた。最後の最後、ゴールポストに弾かれたシュート。誰よりも上手くなりたくて、どうしても試合に勝ちたくて、毎日毎日練習を繰り返したのに、公式戦での得点数は、高校三年間でゼロ。チームの役に立つこともなく、引退した。今日も同じだ。こんなことになるなら、役立たずの能力しか持たない自分なんかより、鍵屋さんでも連れてくればよかったのだ。きっと、こんな古そうな鍵など、ものの数分で開けてしまうに違いない。「超能力」が聞いて呆れる。

「なんかさー、諦めるのは早くない?」

「ちょっと、菜々美」

「だってさ、先輩だったら、試合終了まで絶対諦めないと思うんだよね」

「来栖先輩の話は、今関係ないでしょ?」

 彩子が、来栖先輩はサッカー部の先輩で、元エースで、と、菜々美の発言の補足をした。

「でもさ、そういう姿勢っていうか、気持ちって、大事じゃない? アタシは、そう思うな。先輩だって、超能力みたいなパス出すけど、負けそうなときは、泥臭いプレーだってするもん。なんかさ、超能力にこだわらないといけないの? なんでもいいじゃん。蹴破るとかでもさ」

 あ、と、今村は顔を上げた。

「あの、ちょっと、ここ、スペース空けてもらえますか?」

 今村は、扉の正面にある机を動かし、空間を作った。隠し扉まで数メートル、何もない空間がぽっかりと空いた。今村は扉から一番離れたところに立ち、何度か膝の屈伸運動をした。

「お、おい?」

「みなさん、下がっててください」

 超能力を使ってしまった今、自分に残された能力は、高校時代、徹底的に鍛え上げた脚力。それだけだ。助走をつけ、さっきまでテレキネシスで動かそうとしていた部分めがけて、思い切り足の裏を叩きつける。どかん、という鈍い音がしたが、扉はびくともしない。続けざまにもう一度、再び助走をつけて扉を蹴る。

「お、おい、ほんとに蹴破る気かよ」

「あ、あの、菜々美の言うことなんか、本気にしなくても!」

 扉は、かなり厚みのある堅い木の扉だ。普通に蹴りつけたくらいでは、びくともしない。けれど、三発、四発、と蹴るうちに、扉全体に、みしり、という異音が走り始めた。先ほどテレキネシスで壊そうとした部分が、明らかに弱くなっている。

 足が痛い。息が上がる。もう、体力もキツくなってきている。助走をつける。半ばやけくそになって、扉に向かって思い切り跳躍し、足を前に突き出す。

 ばん、という衝撃音。木が裂ける音。金属が床に落ちる音。今村は、空中でバランスを崩し、背中から床に叩きつけられた。息が詰まる。痛みに悶絶しながら上体を起こすと、目の前で、扉がゆっくりと内側に向かって動いていくのが見えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ある日とつぜん「役に立たない超能力」に目覚めてしまった5人。予測不可能の傑作エンタメ!

この連載について

初回を読む
僕らだって扉くらい開けられる

行成薫

もしも突然、「超能力」に目覚めたら・・・? 誰もが一度は抱いたことがあるそんな妄想が、ある日とつぜん現実になってしまった五人。さえない人生が一変!と思いきや、どれもこれも「制約」つきで、不都合満載、トラブル多発・・・こんな能力、いった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません