ソーシャルメディア時代の抱負「雑音から逃れよう」

フェイスブックやインスタグラムなどの充実した投稿を見ていると、目を逸らしたくなる気持ちってないでしょうか。SNSはそうした羨望や嫉妬、やましい気持ちを拡大する効果があると渡辺由佳里さんは指摘します。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、ソーシャルメディア時代のSNSとの距離のとり方を考えます。

年始からSNS疲れ?

今年の元旦も、私のフェイスブックには、美しい重箱に詰められたおせち料理の写真が並んでいた。

「おいしそうだなあ」、「食べたい!」という率直の反応の後に、なにかモヤモヤした感情が追いかけてくる。いったいこれは何なのだろう? 私は自分の胸に正直なところをたずねてみた。

まず、いずれも、手づくりとは思えないほどの完璧さだ。
これでは、「味は悪くないが、見た目がイマイチ」という典型的な私の料理は恥ずかしくて載せられない。

次に、これらの美しいおせち料理を作っているのは、仕事もバリバリこなしている子育てまっただなかの、私よりずっと忙しいお母さんたちなのだ。しかも、多くの人は私と同じように、材料を手に入れにくい海外在住である。
「ちゃんとやっていない自分は怠け者なのではないか?」という「やましさ」を感じずにはいられない。

だが、モヤモヤの後にやってくるのはいつもの「開き直り」だ。

アメリカ人と結婚してアメリカ暮らしの私は、和食が好きな娘が大学に進学して独立したときからおせち料理はもう作らないと決めた。それは非常に合理的な決断である。

おせちを作るよりも、私にとってやりたいことや楽しみなことがある。誰も責めていないのだから、そっちを堂々とやればいいのだ。

それに、いちいち傷つくより、自分では作らないおせちの味を想像して楽しめるほうが「お得」な人生じゃないか。どうせなら、そっちの「お得」なほうを選ぼう。そう頭の中を整理すると、心底そう感じるようになる。私の頭は、そのあたり非常に素直なのだ。
私は「これを食べたいなあ」と思う写真に、「すごいなあ」と感動しつつ「いいね」を押していく。


じつは、この気持の切り替えは、生まれつきのものではない。人間ができているわけでもない。

これは、私がソーシャルメディアと気楽につきあっていくために意図的に編み出した対応策なのだ。それらについては『ゆるく、自由に、そして有意義に』『どうせなら、楽しく生きよう』などでも書いたが、書いた自分自身も忘れそうになるときがある。だから、ときおり読み直して気持を新たにすることにしている。

2018年の抱負として、その「雑音から離れ、自分の心に耳をすませる」というソーシャルメディア時代の対策を書いてみたい。

ソーシャルメディアは自己肯定感を下げやすい

ソーシャルメディアには、おせち料理にかぎらず、常にこういった罠が潜んでいる。

『どうせなら、楽しく生きよう』という本の「雑音から離れ、自分の心に耳をすませる」という章に次のようなことを書いた。

世の中には、あなたの心を迷わせ、自信を奪うメッセージがあふれています。

 メディアは「男性は高学歴で高収入、女性は美人でスリムでなければいけない」と伝え、あなたの周りにはピアノの演奏ができる人、マラソン大会に出場する人、料理が得意な人がたくさんいます。

 友人知人からは、結婚式の招待状やお子さんが有名大学に入学したことを知らせる年賀状が届き、フェイスブックやツイッターには完璧な料理や家族旅行、海外出張、ボランティア活動の写真があふれています。

 インターネットの普及によって、手に入る情報量が増えているので、才能がなくて、努力が足りなくて、何も成し遂げていないのは自分だけのような気がしてきます。

 おまけに、親、教師、同級生、同僚、上司など身近にいる人は、あなたと他人を比較します。そして、「なぜ●●さんのようになれないの?」と、すでにボロボロになっている自己肯定感にとどめを刺します。

こういったとき、落ち込む人もいれば、「自分だって、やろうと思えばこの人よりうまくできる」という競争心を抱く人もいるだろう。

それがポジティブな動機になればいいが、本当は自分がやりたくないことやさほど興味がないことに時間やエネルギーを費やし、喜怒哀楽の感情まで入れ込んでしまいがちなのがソーシャルメディアの恐ろしさだ。

アメリカでも、特に若者の間では「いいね」をたくさん押してもらう競争になりがちで、「いいね」を押してもらえないと、まるで自分を否定されたような気持ちになるという。

少女たちは、「いいね」を押してもらって自己評価を高めるために、フォロワーが何百万人もいる「インスタグラム・スター」たちを真似た化粧をし、スリムに見える角度を計算して写真を撮る。でも、それで「いいね」を押してもらっても、実際の自分は変わっていないことを心の底では知っている。

それでも「いいね」をたくさん集めて自信をつけてもいいじゃないかと思うかもしれない。でも、自分の価値を他人の評価に頼っていると、自分がやりたいことや、自分が楽しめることよりも、他人の目を気にした選択をしがちだ。自分を喜ばせるよりも、他人に受け入れてもらおうとしてしまう。

その、息苦しさは、ソーシャルメディアにかぎらず、親や教師などの批判の目にさらされて生きてきた人なら想像できるだろう。

他人の評価を基準にして生きる癖をつけると、実際に批判されていないときにも、自分の頭の中でその声が聞こえるようになる。そして、劣等感を抱く必要がないのに抱いてしまう。
その影響が拡大されるのが、ソーシャルメディアだと思う。

万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチですら足りないものがある
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

FF22iBjw6wvgElQ モヤついた心に染みた 約1年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

Axel_Nico https://t.co/64pEXLX33y <自分がやりたくないことやさほど興味がないことに時間やエネルギーを費やし、喜怒哀楽の感情まで入れ込んでしまいがちなのがソーシャルメディアの恐ろしさ> だよね。少し自制しよう。 3年弱前 replyretweetfavorite

saussurea_jp ツイッターで雑音まみれになるとかえって「自分は何者か」が際立ったように思う(^^;) 不快以外感じなかったSNSもあったけど、ツイッターは好きだ(^^;) https://t.co/XRfF0hsGtI 3年弱前 replyretweetfavorite