​子供たちの顔を誉める運動

あけましておめでとうございます。2018年、最初の「ワイングラスのむこう側」は外見の問題。自分のルックスがそれほど優れていないことに気がついたのはいつごろでしょうか。またその時に大きなショックを受けなかったでしょうか。そんな外見にまつわる問題を解消する「子供たちの顔を誉める運動」の提案です。

自分の顔をどう思っていますか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

あなたは自分の顔をどう思っていますか? そしてその自分の顔の美醜、何歳くらいの頃に知りましたか? 僕は自分がかっこよくないことを小学校の低学年の頃に知りました。僕、3歳上の兄がいまして、それが男前なんです。それで母が、兄と比べて「伸次は、あかんな。唇がぶあついし、鼻もだんごやし」と突然言ったんです。

ちなみに母は決して綺麗ではありません。そして父は結構かっこいい方です。なんとなく状況、わかりますよね。大人は子供を見て、「ここがお母さんと似ているなあ」とか「うわあ、お父さんに似て良かったねえ」って感じで言いますからね。その延長線上で、僕の顔が「こういう理由により兄よりブスなんだ」と宣言されたわけです。

僕、中学生の時はそこそこモテたんですね。勉強ができたし、バスケを真剣にやってたし、不良すぎないけどそこそこ悪っぽいグループに入っていたからだと思うんです。高校に入って、バンドをやろうと思って、ベースを買いました。でも、全然練習しないので当然うまくならないんです。そして色々とあって、僕がヴォーカルということになりました。

その時、ギターの友人が「林がヴォーカルかあ。顔がなあ。でも髪の毛が伸びたらなんとかなるかなあ」って言ったんですね。その瞬間に「あ、自分ってフロントに立てないくらいの顔なんだ」って気がつきました。でも、「親」や「同性の友人」ならまだまだ傷つかないものなんです。もしかして自分はかっこいいのかもしれないって心のどこかで思っているんです。

その気持ちが崩されたのは高校3年生の時でした。学園祭で「美男子コンテスト」をやることになって、僕のクラスから男性を一人代表で選ぶことになりました。クラスの女性たちが投票で選ぶことになったのですが、僕、ほんとお恥ずかしいのですが、「自分が選ばれたらどういうリアクションをしようかな」ってこっそり思ってたんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yufudutsu 良いか悪いかでしか美醜を捉えられないのなら黙ってて。頭が悪すぎる。 ↓ 「子供たちの顔を誉める運動」 https://t.co/QOVZ5uBkqm 11ヶ月前 replyretweetfavorite

koropanda1 子供たちの顔を誉める運動|林伸次 @bar_bossa | たしかにすっごく大事だこれ… 11ヶ月前 replyretweetfavorite

mami1205 これ!この前親戚の爺に傷つけられた子の話見て気になってたけど、ホントにこれ!! https://t.co/hYTjC9ybtX 12ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola 子供たちの顔を誉める運動|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 これ、自分の子どもたちにも甥、姪にもやってる。ストレートに可愛い。○ちゃんのその顔すごく可愛い〜〜って本音の感想を伝える毎日。 https://t.co/WASW3417sL 12ヶ月前 replyretweetfavorite