勝手にふるえてろ』 ぎこちない男女の、かけがえのない瞬間

CMなどでも大活躍の松岡茉優。その初の主演作『勝手にふるえてろ』が公開中です。彼女の演技や物語の力など、本作の見所についてブロガーの伊藤聡さんが解説します。

バラエティ番組やテレビドラマ、そして映画で人気の女優、松岡茉優の初主演作品が『勝手にふるえてろ』である。綿矢りさの原作小説を、大九明子監督が映像化した本作は、監督の持つ的確なビジョン、巧みに構成された脚本と編集により、松岡の持つポテンシャルを最大限に引き出す、とてつもないフィルムとなった。かねてから演技力に定評のあった松岡だが、その実力を十全に発揮できる作品に出会えたのではないか。初主演作として、これ以上ないスタートといえるだろう。大九と松岡、ふたつの才能がかみあったパワフルな作品の誕生に快哉を叫びたい。

物語の主人公、ヨシカは東京で働く24歳のOL。男性との交際経験はなく、片思いの相手である中学時代の同級生(通称:イチ)との淡い記憶を、日々脳内で反芻していた。彼女は会社の同僚男性(通称:ニ)から交際を申し込まれるが、イチへの想いは断ち切れず、ニとの交際は保留されたままだ。「人生の大半をかけてきた恋」に決着をつけるため、同窓会を企画したヨシカ。彼女は10年に渡る妄想の年月を経て、ひさしぶりにイチと直接会うことを決意する。

本作で何より重要なのは、主人公として物語を牽引するヨシカの存在感、奥行きのある人物造形である。『勝手にふるえてろ』の成功は、まず何より、主人公に息遣いを与え、立体的な人物として提示する松岡茉優の迫真の演技力にあるだろう。類型的なキャラクターとして表現されやすい、内向的で恋愛下手な女性、オタク系女子。世間に流布する安易なステレオタイプを軽く飛び越え、まるで目の前にひとりの女性が立っていると錯覚してしまうほど、複雑な感情の機微が表現される。目線、声色、会話の間、所作、ユーモラスなせりふの数々──。その他挙げきれないほどの細部から、117分に渡って観客を釘づけにする主人公の姿が描写されていくのだ。

たとえばヨシカが、故郷で開かれた同窓会へ参加する場面のぎこちなさはどうか。意中の男性と会話するきっかけを作ろうと、ヨシカはいくぶん挙動不審なまま周囲に声をかける。「あのー、私東京で働いてるんだけど、ほかに上京してる人、はーい(手を挙げるしぐさ)、とか」*1。ここでせりふの語尾に添えられる「とか」の弱々しさには仰天するほかない。このように小声で何かを話す女性を、私は何度も見たのではないか。かつて私自身もまたヨシカのように、弱々しい声で何かを言いかけては止めたのではなかったか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_azum1 1件のコメント https://t.co/auMAmENmk6 9ヶ月前 replyretweetfavorite

_azum1 1件のコメント https://t.co/auMAmENmk6 9ヶ月前 replyretweetfavorite

RyoIshikaw_a 「面白い。アハハと笑いながら気楽に見ていると、突然ハッとする映画的瞬間がおとずれる。日本の娯楽映画の、近年の最高峰かもしれない」 |伊藤聡 https://t.co/6h59mYijdG 11ヶ月前 replyretweetfavorite

midzutaku 素晴らしい映画の、素晴らしい書き手による、素晴らしい評論。伊藤さんの熱い想いが伝わってくる。 11ヶ月前 replyretweetfavorite