東京という「快楽」が、こわい

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。34作目は、雨宮まみの『東京を生きる』。地方出身者である作者が「東京」への欲望を語る一冊。私はこれを読んで東京に住みたくなくなった。あなたはどうだろうか?【3刷出来!】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

東京は自分の居場所だと思いたい、思えないあなたへ

『東京を生きる』雨宮まみ
(大和書房)初出2015

街の欲望 VS 私だけの欲望

地方出身者である作者が「東京」への欲望を語る一冊。私はこれを読んで東京に住みたくなくなった。あなたはどうだろうか?#エッセイ #「東京」についての随想 #上京経験者必見 #お金・美・健康……様々な角度からの「東京」 #地方出身なら「わかる!」と思う箇所があるはず #「東京の人になりたかった」というあなたにも #繊細な文章が好きな人ぜひ #東京に行く前に読みたい一冊


 東京が怖い、と言うと笑われることがある。
 おおげさな、とか、案外住んでみれば慣れるよ、とかみんな笑って言ってくれる。実際住めば都という言葉もあるし、きっと住んでみれば怖くなくなるのだろう。
 東京なんてただの地名だ。そこでどんな人と関わるかは、東京という場所に依存せず、ただの私に寄るのだとも思う。
 でも、私は、怖い。「東京」が。初めて東京に行ったときからずっと。
 だから私は、東京に住みたくない。

東京へ行くまでもなく、人生を変えられてしまう一冊

—ああ、そうだ、これ、これが怖いんだ。
『東京を生きる』を読んだとき、驚いた。
 この本には「東京怖い」の正体が詰まっている。そうだよ東京のこれが怖いんだよ、と心底思う。ぼんやりと歪んで見えていた東京が、この本には驚くほど文章として濃縮されていた。

『東京を生きる』は、作者の雨宮まみさんが地方から上京してきた経験をもとに東京という場所について随想を綴ったエッセイ集だ。
「お金」「欲情」「美しさ」「タクシー」「殻」「泡」「血と肉」……目次のタイトルを見るだけで声が漏れる。雨宮さんの繊細な文章に、東京という都市の孕む欲望だったり圧力だったり幻想だったり、そういうものがあますことなくすくい取られる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版3刷出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

oukakreuz 『東京の怖さの正体。それは結局、自分というものが溶けてなくなってしまうのが怖い、というだけなのだと思う。』個人的にはこれが東京の魅力でもある。 約1年前 replyretweetfavorite

DJkazma69 良質な書評。 約1年前 replyretweetfavorite

m3_myk ▶︎cakes連載更新です! 雨宮まみさんの『東京を生きる』をご紹介してます。 現在京都に住んでいるのですが、東京ってなぜか、こわいんですよね。 なんででしょうね、って話です。 https://t.co/0Ji5af7q01 約1年前 replyretweetfavorite