京都、朝あるき 冬

京都、朝あるき 冬の朝から露天風呂でほっこり気分!

京都在住の女性三人組「ことり会」が、単行本『京都、朝あるき』のなかからご紹介する、京都の冬を堪能するとっておきの観光プラン。今回は、凍てつく朝をほっこりと温めてくれる、極上の露天風呂にご招待。さらには、モーニングに定評のある素敵な喫茶店、オープンしたばかりの朝食専門和食店、全国で大人気の「手づくり市」の元祖ともいえる「百万遍の手づくり市」など、選りすぐりの朝スポットをそっと教えちゃいます!

朝風呂@船岡温泉

風情ある銭湯で露天風呂に浸かる

 唐破風(からはふ)の屋根に、立派な大松。何ともな重厚な造りは、元々1923(大正12)年に木造2階建ての料理旅館「船岡楼」の付属浴場として作られたから。日本で初めて電気風呂を導入し、温泉と名乗る許可が下りました。脱衣所に入ると天井には天狗と牛若丸の迫力ある彫刻、壁にはマジョリカタイル、そして脱衣所を囲む欄干(らんかん)の透かし彫りとまさに豪華絢爛。浴場もくすり風呂に檜(ひのき)風呂、 ジェットバスにサウナと、スーパー銭湯並みの充実ぶりなのに430円という銭湯価格! 勝手が分からずとも「ここに洗面器あるぇ」と常連さんが教えてくれるなど、地元の人との裸の付き合いも楽しい。日曜日だけは朝8時から営業をしているので、朝陽を浴びながらの露天風呂、なんて理想の朝が叶います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

心静かな「朝京都」の愉しみ。選りすぐりのスポットを四季に分けてたっぷり紹介!

京都、朝あるき

ことり会
扶桑社
2017-10-06

この連載について

初回を読む
京都、朝あるき 冬

山田涼子(ことり会) /辻ヒロミ(ことり会) /江角悠子(ことり会)

心静かな朝京都の愉しみ方を、京都在住女性トリオの「ことり会」がご紹介します。 近年では「朝活」といった言葉が定着し、旅先での朝を気持ちよくすごす提案も増えてきました。寺社仏閣の多い京都の朝は早い。だからこそ、いつもより早起きして朝から...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chibicoo 船岡温泉のタイルはマジョリカタイルっていうのか〜 近くの西陣さらさも似たようなタイルで、こっちの方がもともとは銭湯だったのよね。 https://t.co/lgGdXTAfDl 2年以上前 replyretweetfavorite

Solitaire_12227 https://t.co/Yj2LCcdy7i 2年以上前 replyretweetfavorite

azusa1192 #SmartNews (´-`๑) https://t.co/Qu4yjTSjAJ 2年以上前 replyretweetfavorite