汚部屋に住む、超絶フェロモン女の話

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回は、とんでもない汚部屋に住む女性のエピソードを交えながら、フェロモンとは何かについて考えます。

清潔「感」のある女性と、「清潔」な女性は違う

清潔感がある女性。それは日本古来のモテ要素だが、男性は自らの安全パイぶりを売り込むために、定型文的に使用している気がするのだ。つまり、本心は「美人に限る」「実は尻フェチ」なのだが、それを言うと反感をくらうため、「自分はまっとうな男ですよ」というアピールのために「清潔感がある女性が好き」と言っているに過ぎないのではないか。

ちなみに男性は、清潔感がある女性に惹かれても、清潔な女性には惹かれないだろう(ここでいう清潔とは、「衛生的」というよりは「人格や生活態度などが正しくきれいである」という意味合いです)。だって、総じて男性は下ネタや妄想が大好き。地位や名誉もある男性が、現実というタガが外れた時にいきなりあられもない言葉を連呼したり、「ばぶー」と駄々をこねたりするのはめずらしくない。

完膚なきまで清潔な女性は、「ばぶー」なんて言おうものなら「大の大人が何を言っているんですか」と、ネクタイで男性の口を塞いでしまいそうだ(それもプレイとしてはアリかもしれませんが)。一方、清潔感のある女性は男性が「ばぶー」と唇を突き出したら、恥じらいつつもさっと自分の乳房を男性に与えてくれそう。この、恥じらい=清潔感なわけです。つまり性的な魅力って清潔にはないという話。

私は以前、とんでもない汚部屋に住むA子(仮名)と知り合った。きっかけはウサギである。話が飛んで申し訳ないが、今から約20年前、当時片思いしていた相手がウサギ好きだったのだ。私はついうっかり「ネザーランドドワーフのライラックを飼っている」というエセ可憐さで迫ってしまった。ウサギと戯れた経験など、小学生の飼育係以降皆無である。

様々な事情でウサギが飼えなかった私は、エアーで飼うことにしたのだ。SNSで「ウサギを触らせてくれたり、写真を撮らせてくれるやさしい飼い主」を募ったら、これがけっこういて、前述のA子さんもそのひとりだった。

季節は夏。A子さんは20代で、私と同世代だった。アパートでひとり暮らしをしているというので、私はカメラを携えて訪ねた。

A子さんの部屋は汚部屋だった

現れたのは、髪を無造作に束ねタンクトップを着たA子さん。正直、顔は覚えていない。覚えていないということは、美人でもブスでもなく、ほどよい加減だったのだろう。そしてA子さんの背後はゴミだった。一帯のゴミ。

「適当に避けてあがってください」

微笑みを浮かべ、A子さんは私を招き入れた。床には(床だか畳だか絨毯だか定かではないが)、くるぶしの位置までゴミが積まれ、避ける余地が見当たらない。しかも瓶とか缶とか本とか箱とかリモコンとか、大事そうな物が絶妙に混ざっているので、もしかしたら配置? と希望を持たせてみたりした。それにまさか人様の所有物を蹴るわけにもいかない。

で、肝心のウサギはどこへ? ゴミ山脈の頂上(おそらくベッドの上)にいました。斜めになったケージの中に、ちんまりと。

「冷たいもの、どうぞ」

A子さんがゴミを整え、マンホール大のスペースをふたつつくった。足を伸ばすことが許されない地と、ゴミの丘にたたずむグラス。まるで小さなピサの斜塔だ。

「このウサギ、彼氏が買ってくれたんです」

ウサギを愛おしそうに撫でるA子さんに、私は失礼ながら、

「彼氏さんも、この部屋には来るんですか」

と聞いてしまった。興味はもうウサギよりも「汚部屋とワイシャツとA子」である。

「ええ。よく来ますよ」

とA子さんがニッコリ。うーむ、この部屋でどうやってセックスするのかな、とか、ウサギを触らせてもらいながら考えた。ていうか、ウサギを抱く可憐な私をテーマとした写真は撮れそうもない。どんなアングルでもゴミが写ってしまう。

グラスを傾けながら(一度手に取ってしまうと、雪崩が起きそうなゴミの丘には戻せなかった)、たわいない話をするうち、私にはこの汚部屋が神聖な空間に思えてきた。もはや地平線の概念も吹き飛び、「彼氏が」「ウサギが」と、初対面の私に惜しげもなく語り、角々しいゴミに囲まれつつひたすら柔和なA子さんに魅了されていたのだ。

A子さんには清潔感があった
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miminashi ゴミ部屋に住んでるウサギ飼ってる病気の女、去年まで貢いでた女じゃん…やめてくれよ〜 > 9ヶ月前 replyretweetfavorite

masanork 結局のところ女性の清潔感って何なんだろうか? 9ヶ月前 replyretweetfavorite