あつしゆくタオル」を買いに

今年も残りわずか。何かと慌ただしい時期ですが、先日、牧村さんは新宿で心がほんわりする出来事に遭遇したそうです。2017年を締めくくるのにふさわしい、すてきなお話と写真をお楽しみください。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

新宿、2017年12月23日。

みんな急いでいた。私も急いでいた。日本に初めて来たギリシャ人が、新宿の飲食店の2階から通りを見下ろして「どうしてみんなこんなに急いでいるんですか?」ってきょとんとしていたのを思い出した。

どうしてみんなこんなに急いでいるのかは知らないが私は急いでいた。急ぎの出張に必要なものを急ぎで買わないといけないのだ。そしていま出張先で私はこの原稿を書いている、急ぎで。新宿から、出張先の台湾まで来る間に起こった、すてきな話を忘れないうちに書いておきたくて。「あつしゆくタオル」の話を。

3店舗まわっても見つからないタオル

新宿をめっちゃ急ぐ私はコインタオルを探していた。コインタオル、というのは、コインランドリーとかコイン洗車みたいな「コインと引き換えに借りられるタオル」、ではない。「コインの形をしたタオル」のことだ。タオルが、本当にギリ財布に入るんじゃないかと思うくらい小さなコイン型にムギュムギュッと縮められていて、お湯につけると元のタオルの姿に戻る。かさばらないので、遠出をする時はとっても便利だ。

とっても便利なんだけど、一晩乾かさないと使えないじゃん! というところがネックなのかあんまり売っていない。大都会新宿でも3店舗回って見つからなくて、風が寒くて、足が疲れて、人が多くて、うへぇ〜ってなりながら私はまた雑貨屋に入り店員さんを探した。

「いらっしゃいませ〜! いらっしゃいませ〜!」

めっちゃ元気な店員さんがいた。応援団長みたいなポーズで、背中に回した腕を軽く組んでいる。実際学ランを着たら似合いそうだなと思いながら私は声をかけた。

「すみません、あの」

「はい! いらっしゃいませ!!」

「コインタオルありませんか」

「コイン……タオル……」

店員さんは大きく目を見開いた。そしてみるみる元気をなくし、「はい、え、しょしょ、おまちくださいませぇ」と言い、スマホで検索を始めた。胸元の名札にはこう書いてあった。

<陳 研修中>

「いらっしゃいませ」の発音だけめちゃくちゃネイティブで、あとは中国語っぽい訛りがあった。

「タオ……ル……」

「あの、ギュッてなってて、お湯につけるとファッてなるやつなんですけど」

「???????」

陳さんに余計なことを言ったら陳さんを余計に混乱させちゃったみたいだった。陳さんは「検索します。しょしょ、お待ちくださいませ」と言ってレジ台のパソコンに向かった。

外国で暮らすということ

その焦った後ろ姿に、なんかいろんなことを思い出した。

外国人店員さんにつらく当たる人がいること。

私自身もまた、外国で働いた時に「国に帰れ」的なことを言われたことがあったこと。

アメリカのスタバで韓国語を話していたお客さんが「英語話せよ」って詰め寄られた事件が今月あったこと(参考:ハフィントンポスト日本版)。

恋に落ちた人がフランス人だったからという理由で「クロワッサン」くらいしかフランス語しゃべれないままパリに行って、見た目が黒髪アジア人だからというだけで「ニーハオ!」って絡まれたりしてビビったけど、それでもとにかく「く……クロワッサン」って言って買って食べたクロワッサンの、それはそれは特別においしかったこと……。

その時、目の前の陳さんがぱっと顔を上げた。そして嬉しそうに言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hildegardanne 心にトラウマトリガーでなく、ほんわりトリガーを。んん、こういう考え方、好き☺️ 1年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 年末なのでほっこりする話を書きました。、というお話です。 https://t.co/TV8QzByFyO https://t.co/NhlSWlM4bt 1年以上前 replyretweetfavorite

sastrai112 いい話だなあ。こんなふうに思い出してもらえるように、自国のひととも他国のひととも関わりたいな。 1年以上前 replyretweetfavorite

rokunai 片言で不慣れそうに対応してもらうと自分の用事がスムーズに行かないことより相手の不安が気になってくるよね 1年以上前 replyretweetfavorite