夫婦二人の人的資本で家庭を幸福にするには?『専業主婦は2億円損をする』著者インタビュー

cakesでも連載中の『専業主婦は2億円損をする』が、ネット上で大きな反響を呼んでいます。普段はビジネスマンに多くのファンを持つ橘玲さんが、なぜ専業主婦に関する本を書いたのでしょうか。著者の橘玲さんと、マガジンハウスの担当編集者・広瀬桂子さんに聞いてみました。1月9日までの期間限定で、Kindleで無料ダウンロードサービス中です。ぜひあわせてお読みください。(聞き手:加藤貞顕)

10人に3人が専業主婦志望!?

— 本、読ませていただきました。おもしろかったです。

 ありがとうございます。

— 挑発的なタイトルですが、これ、内容は普通に、男性にも女性にも役に立つ働き方の本ですよね。

 特に女性に読んでほしかったので、はっきりしたタイトルにしました。

— 橘さんはこれまで、自律的に暮らしていくための投資の本を書かれたりしていたわけですが、今回はなぜ、専業主婦を扱った本を書いたのですか?

 一言でいえば、依頼があったからです。実はこれ、担当編集者の広瀬さんとの共作です。2年ほど前に広瀬さんお会いした時、「専業主婦についてどう思いますか?」と聞かれて、「(経済的に)最悪の選択ですね」と答えたのがきっかけです。

— すごいことをいいますね。

 いや、これは、専業主婦批判というわけではないんです。日本や欧米などゆたかな先進国では、人的資本、すなわち働いてお金を稼ぐちからこそが最大の富の源泉です。ニートや「家事手伝い」も同じですが、20代や30代で人的資本を放棄してしまうことくらい経済的に非合理的な人生設計はないという話をしたら、「ぜひそれを書いてください」と言われました。
 その時は驚いて、「なんで私が書かないといけないんですか?」と聞いたんです。そうしたら、そんなことを書く女性の著者はいませんと言われて……。

— たしかに、人の生き方ですから。それは怒るひとがいそうです。

広瀬 女性が書くと、どうしてもその人のバックグラウンドが入ってしまって、客観的になりきれない感じがするんです。だから男性の橘さんに、あくまでも経済的な面から見た事実を書いてもらいたいと思いました。

— そもそも広瀬さんは、なんで専業主婦に関わる本を作りたいと思ったんですか?

広瀬 2016年の何かの統計で、若い女の子の10人に3人が専業主婦志望とあって、「これ変じゃない?」とすごく不思議に思ったんですね。今時、そんなことを言っている人が10人に3人も?と。働きたくないって気持ちは、私もわかりますけど(笑)。

— わかりますわかります(笑)。

広瀬 でも、仕事して得られる喜び、というのもありますよね。そのことも詳しく、本では書いているんですが、それはともかく、実家が大金持ちだったり、すごいセレブとみんなが結婚できるわけじゃないんだから、この願望はあまり現実的じゃないと思うんです。と同時に、この3人が希望通り専業主婦になったとして、今の時代、それで一生いけるのかな?と疑問に思って。まったくもって余計なお世話なんですけど(笑)。
 でもとにかく、高校生や大学生、働き始めた20代の女性には、現実を知っておいてほしいと思って。学校では、お金の話は一切教えてくれませんから。専業主婦になると、どういうことが起きるのか、きちんと説明したかったんです。もちろん、なってはいけない、ということではなくて。

— なるほど。たしかに、少なくとも経済的な側面をちゃんと知っておくのは大事ですよね。 男性にとっても同じ問題。

 保守派のひとたちは「女が家で子育てするのが日本の伝統だ」といいますが、専業主婦モデルというのは戦後の高度経済成長期にアメリカに憧れてできあがったもので、まだ50年も経っていません。年金制度は55歳で退職して65歳で寿命を迎える時代につくられたものですから、少子高齢化が進む「人生100年」の時代に行き詰まるのは当然です。夫が20歳から60歳まで40年働いて積み立てたお金で、60歳から100歳までの40年間、夫婦ふたりで計80年間を安心して暮らせるような話がほんとうにあるのか、ちゃんと考えた方がいい。
 さらに日本経済は人手不足で、若くて優秀な女性の価値はどんどん上がっています。それなのに働かない選択をするのは不合理である以上に、ものすごくリスキーです。でもこれは1+1=2、みたいな単純な話で単なる事実を述べています。


専業主婦は2億円損をする(マガジンハウス)

— それで、この本の内容は、専業主婦を例にあげて書いてるけど、男性も同じですよね。要するに、自立した働き方ができるようになろうという話だと思うんですが。

 まさにそのとおりです。男性にも役に立つ内容になっていると思います。それに、専業主婦が2億円損をしているということは、妻を専業主婦にしている夫も2億円を損しているんですよね。この本は男性も買ってくれているし、男性読者を対象としたビジネス誌からも取材が来ているということは、夫(男)も「専業主婦モデルはもう無理だ」ということに気づいているんだと思います。

— なるほど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

読んだ人から得をする、女と男の人生設計。

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yilushang 「この世界は残酷だということを前提としたうえで、その中で自分と家族が幸福になるにはどうすればいいかを考えよう」そうなんだろうなぁ。    約2年前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 cakesの加藤さんに、『専業主婦は2億円損をする』について、編集担当の広瀬さんといっしょに インタビューしていただきました。これは前篇で、後編は年明けのアップです。 約2年前 replyretweetfavorite

ayame_y こないだ出たばっかりなのにKindle無料とかめっちゃお得w 早速DLして休み中に読むなり。/ 約2年前 replyretweetfavorite