第11回】 業界関係者が暴露する ブラック健康食品の作り方

「そもそも健康食品は薬ではないので、健康改善の効果があっては駄目。このビジネスが成功するかどうかは、いかにして効果がないものをあると消費者に思わせるかなんだよ」
 そういって笑うのは、かつて「幻の植物」と呼ばれる花でできた健康食品の原料販売などを行っていた杉本孝明氏(仮名)。

 杉本氏が取り扱っていた原料となる花は、中国のとある山奥の秘境の岩肌にのみ自生しているサボテンの一種で、その植物を食べている現地の集落は、世界でも有数の長寿の里とのこと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
エセ健康科学を見抜く クスリ・健康食品のウソ・ホント

週刊ダイヤモンド

「薬は副作用が怖いから、医者に阻止されないように黙って飲むのをやめよう。安全で効果もバッチリある健康食品で病気は治せばいい。毎日の食事は地元産の自然食材だけを口にしているから安心・安全!」──。その選択、ちっとも安心・安全ではない。エ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません