送金中のビットコインを誰かに抜き取られる心配はないの?

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。今回は、ビットコイン送金中の安全性ついて解説します。

ここまでの説明で、ビットコインそのものをコピーしたり、改ざんしたりするのは事実上不可能なこと、取引所のクラウドサーバーに預けたビットコインが盗まれる心配もかなり低いことがわかっていただけたのではないかと思います。

では、送金中のビットコインを誰かに抜き取られる心配はないのでしょうか。

ビットコインの送金はインターネット経由で行われます。最近はセキュリティ技術が向上して、オンラインショッピングでクレジットカードを使う人が増えていますが、ネットでカード情報をやりとりすることに否定的な人もたくさんいます。

ビットコインを銀行間ネットワークのようなクローズドな回線ではなく、オープンなインターネット経由で送っても大丈夫なのでしょうか。


受け取る側が二つの鍵を用意する「公開鍵暗号」方式

AさんがBさんにビットコインを送金するときは、取引データをインターネットを通じてやりとりすることになりますが、途中で誰かに抜き取られないように、「公開鍵暗号」と「電子署名」という技術を使っています。

「公開鍵暗号」は、あるデータを暗号化するときと復号(元のデータに戻すこと)するときに別々の鍵を利用することで、第三者に暗号を破られないようにした技術です。データを送る人ではなく、受け取る人が二つの鍵を用意するところがミソです。

どういうことかというと、従来の暗号では、暗号化と復号には同じ鍵が使われ、データを送る人と受け取る人が同じ鍵を利用することで、暗号化と復号が行われていました。そのため、鍵そのものを盗まれてしまうと、秘匿したいデータが第三者から丸見えになってしまうという危険があったのです。

よく古い映画などでは、秘密情報の送り手(当局)と受け手(スパイ)が同じ本、たとえば聖書を持っていて、暗号にしたがって「◯ページの◯行目の◯字目」の文字や単語を特定し、それをつなげていけば元の指令が解読できるというタイプの暗号が出てきますが、この場合は聖書が「(暗号化と復号の)鍵」に当たります。

「鍵」を持っていない人にとっては、暗号文は何の意味もない文字列にすぎませんが、「鍵」を持っている人は意味のある文章を復号できるわけです。ところが、敵が聖書の存在に気づいた瞬間、スパイへの指示も丸見えになってしまいます。しかも、敵が暗号を破ったかどうか、こちらには知る術がありません。

公開鍵暗号では、まずデータを受け取る人が「暗号化に使う鍵」と「復号に使う鍵」を用意して、「暗号化に使う鍵」だけを公開します(誰でも見られるため「公開鍵」といいます)。

データを送る人は、その「公開鍵」を使ってデータを暗号化して送ります。データを受け取る人は暗号を受け取ったら、自分だけが持っている「復号に使う鍵」で復号します(データを受け取る人だけが知っているので「秘密鍵」といいます)。

この方式だと、その気になれば、誰でも「暗号化されたデータ」を盗むことはできますが、復号のための「秘密鍵」はデータを受け取る人しか持っていないので、第三者が暗号を解読することはできません。それによって通信の秘密を守っているわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません