心のベストテン

2017年ヒットチャート総括】不動の星野源、反抗の欅坂、そして万能のエド・シーラン

2017年ももう終わろうとしていますが、今年は大ヒットソングがなかったそうです。ビルボード年間チャートを見ながら、今年のヒットについて語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

ビルボードジャパンの年間チャート

柴 那典(以下、柴) 今回は年末ということで、先日発表されたビルボードジャパンの2017年の年間チャートを見ながら話しましょう。今年の1位は2016年10月にリリースされた星野源の「恋」でした。

大谷ノブ彦(以下、大谷) はー! これはびっくりしましたね。今年は「恋」を超えるヒットソングがなかった!


ビルボードジャパン 2017年年間チャート

楽曲トップ10(ビルボードジャパン 2017年 年間チャート
1位「恋」星野源 2016/10/5
2位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン 2017/3/3
3位「打上花火」DAOKO × 米津玄師 2017/8/16
4位「不協和音」欅坂46 2017/4/5
5位「二人セゾン」欅坂46 2016/11/30
6位「TT」TWICE 2017/6/28
7位「インフルエンサー」乃木坂46 2017/3/22
8位「PPAP」ピコ太郎 2016/12/7
9位「前前前世」RADWIMPS 2016/8/24
10位「サイレントマジョリティー」欅坂46 2016/4/6

 しかも2位以下に圧倒的な差をつけての1位ですからね。ビルボードはいろんな指標を加味したチャートなんですけど、内訳を見てもラジオ、ダウンロード、ルックアップ(CDの読み取り回数)、Twitter、動画再生の5冠となっている。

大谷 「恋」って去年のチャートでも3位でしたよね。去年の曲が今年の1位だったって、柴さんはどう思います?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumama282828 ヒットチャートだけでなく、なんとなく万能が求められたのが2017年。 2年弱前 replyretweetfavorite

niwashigoto そっか "大谷 なんでエド・シーランはここまで聴かれるんでしょう? 柴 これはやっぱり万能だからだと思います。" https://t.co/9n3XPuoovP 2年弱前 replyretweetfavorite

niwashigoto そっか "大谷 そういうことですね。僕はやっぱり欅坂46は尾崎豊なんじゃないかなと思っていて。 柴 と言うと?" https://t.co/9n3XPuoovP 2年弱前 replyretweetfavorite

niwashigoto そっか "僕は音楽が「物語」もしくは「ダンス」のどちらかと結びつくことでヒットすると考えてるんです" https://t.co/9n3XPuoovP 2年弱前 replyretweetfavorite