上司のメンツを潰すべからず!コミュ力を身につけよう【後編】

前回、上司から「3ヶ月で業務態度が改善されなかったらクビ」だと宣言されてしまった、ゆるふわOLの瑠雨図(るうず)さん。そこへ、何故か合併先で「チーフ社内政治オフィサー」に就任していたずんずん先生に出会います。社内でのコミュニケーションの重要性を解くずんずん先生のレポートを受けとった瑠雨図さん。果たして無事クビを回避できるのか……!?


オフィスで「あいつ、なんだかうまくやってるなー」って思う人ってたまにいませんか。上司には気に入られ、いつもおいしいところをもっていくあいつ……。

こういう人は単に要領がいいというわけではありません。

社内政治を熟知しているんです。

人が集まれば、力関係が生まれます。 力関係が生まれれば、対立が生まれます。

この対立を、あっちの顔色をうかがい、こっちの顔色をうかがい、 自分にとって、みんなにとって良いかんじにしていく能力、それが社内政治力です。

組織の中で生きていくということは、ただ単に仕事ができればいいということだけではありません。上司に気に入られなければ出世できませんし、 同僚にはめられる可能性だってあります。その場にいるだけで誰かが自分を守ってくれるということは、残念ながらないのです。

このオフィスというコンクリートジャングルで生きていくために、

「どう自分を守っていくか」

を常に考えていきましょう。


瑠雨図さん「自分を守る……」

そう言われて、瑠雨図さんは胸に手を当てました。

自分はなんとなく新卒で会社に入り、なんとなく今ここにいます。そして、自分を守るなんてことを今まで考えたこともありませんでした。

瑠雨図さん「社会って、まじ弱肉強食だったの……」

ずんずん先生「まじ弱肉強食だし、弱いものは食われてまじ死ぬ競争社会よ」

瑠雨図さん「しんどい……」

瑠雨図さんはガクリと片膝をつきました。

瑠雨図さん「世界は競争社会だって、なんで学校は教えてくれなかったんだー!」

ずんずん先生「いや、相当教えていたと思うけど……気づかなかっただけじゃない? さて」

ごほんっとずんずん先生は咳払いをしました。

ずんずん先生「社内政治の重要性がわかったところで、どうして上司にクビだって言われたかわかる?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite