なぜタイでは誰でも仕事が見つかるのか?

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、タイにはどんな仕事があるのか紹介していきます。

人口7万人の日本人社会、タイ。

そこではどんな仕事が見つかるのかといえば、日本の7万人クラスの街にある仕事はたいていタイにも存在するといっていいだろう。日本での社会人経験があれば、なにか関連した仕事が見つかるとさえいえるかもしれない。

ただし単純労働は別だ。日本人がタイでワークパーミット(労働許可証、通称ワーパミ)を取得するには、日本人でなければできないスキルを求められる職種でなくてはならない、というタテマエがある。だから、コンビニの店員でいいから雇ってくれとか、期間工とか掃除のおじさんになりたいといっても現実的ではない。そういう仕事を担っているのは、ミャンマー人やカンボジア人の労働者が中心だ。

ほとんどの日本人は、現地に進出している日系企業で、なにかしらの専門職として雇われていくことになる。タイ企業や欧米企業に勤めている日本人もわずかにいるが、その会社が日本への販路を拡大する計画があるなど、やはり日本人であること、日本という要素が絡んでいることが求められる。

で、「専門職」といっても、必ずしも高度なスキルが必要というわけではない。もちろん高い専門性を持っているプロは、高い待遇を狙える。だがタイで働いている日本人のほとんどは、もともとふつうのサラリーマンやOLや商店主だ。日本での社会経験があり、一般常識を持ち合わせている人なら、タイでなにか仕事が見つかるといっていい。

ここは日系製造業の城下町

人口7万人のこの街の中心になっている産業は、製造業だ。タイの日本人社会はもともと、自動車関連産業の集積地として発展してきたのだ。いまは自動車だけでなく、さまざまな工場が首都バンコク近隣の県に立ち並び、たくさんの日本人が働いている。

巨大工業団地アマタナコンの電子関連の会社で働く現地採用の男性は、

「おもだった大手メーカーは、もうかなりの部分がタイに進出済みかもしれません。いまから大企業が、例えば新しくエンジン工場を建てるとか、そういった話は考えづらい。そういうのはいまベトナムとかインドネシアでしょうね。タイはすでにある工場の環境をブラッシュアップさせていく、2期目3期目の工事を進めてより高度な製品をつくれるようにする、といった段階です」

と語る。インフラや建設、土木、内装といった分野に需要があった時代はほかのアジア諸国にゆずり、タイではいま、営業、生産管理、IT、法務といった仕事が求められている。

「製造業関連での法人営業の経験者、工場での生産・品質管理の経験者、エンジニアなどは好条件での求人がたくさんあります」

とは、日系の人材紹介会社。

「日本の景気や業績にも左右されてきます。たとえば、陰りが見えるとはいえ日系の自動車産業はやっぱり堅調なんです。それはタイも同じ。 そして逆にいま、家電はやばいですよね。そういう傾向はタイの支社や工場、まわりのサプライヤーにも及びます。だから当然、求人にも影響してくる」(人材会社)

加えて、競争力の高い製品をつくっているかどうか。「自動車などに使われるメッキをつくるのって、ありふれた技術に思えて、実はできるところって少ないんですよ。たくさんの水や電気も消費するし、生産過程では毒物も使う。高度な専門性が必要なんです。こういう〝うちならでは〟のものをつくっている会社は強いですね」(人材会社)

日系企業でも、景気のいい工場になると、社員には気前良く還元している。ヘマラート工業団地に勤める工作機械関連の営業マンは、

「去年(2016年)、うちの工場でワーカーに出したボーナスは12 か 月分。タイは労働者の権利が強いので残業も少ないし、日本の連休にもラインを止めて休暇になる。働きやすい環境だと思います。だから履歴書はいつも山積み」

と語る。現地採用として日系の製造業の世界に飛び込んでいくのなら、こうした情報をキャッチして、どこならいま人材が求められているのか、待遇が良さそうか、見極めていきたい。

たくさんの日系企業が拠点を構え、おおぜいの日本人が生きるタイ。ここならきっと仕事が見つかる

どんな仕事がいまタイでは増えているのか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tantanming #SmartNews 逆に言えば… いや、いい https://t.co/hRpqeAQ1CU 3年弱前 replyretweetfavorite

Dech9991 いい加減この手の記事やめた方がいいんでない。 近隣国の労働者より少しマシな程度の貧困日本人が増えるだけや。言っとくが先進国の人間がワーカーみたいに残業しないと思ったら大間違いやぞ。 https://t.co/eVD0iZyHeE 3年弱前 replyretweetfavorite

shanabot #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite