尽くすタイプが恋愛で主導権を握れない本当の理由

百鳥悠次郎の不可解な行動は、平林さんの告白によって当時の真実が明らかになろうとしていた。なぜ、彼は突然彼女たちの前から消えたのか? それは、ひとりの女性が陥った激しい嫉妬が原因だった。

「ごめんなさい。皆さん、突然のことで混乱させてしまったみたいで」

平林さんは、思った以上に皆の反応が大きかったことに謝罪した。 実際、茶話会に参加しているメンバー全員(片山智恵子、猪子由美、湊エリカ、助川光子、田戸ふみ)は、呆気にとられていた。 これまで、各々が語ってきた百鳥悠次郎とのエピソードが一気にかすむくらいに平林さんの告白にはインパクトがあった。熱気を帯びていた会場に冷や水をかけるような告白は誰もが思いもよらないものだった。 (平林さんが、百鳥悠次郎の婚約者だったなんて……ということはあの写真の女性は……) 百鳥ユウカは、父の書斎で見つけた一枚の写真の中にいた女性の面影を平林さんの現在の姿に見つけた。どうして気づかなかったのだろう。

「ユウカさん。突然のことで驚かせてしまって、そして嘘をついていてごめんなさい。最初にあなたから電話があった時、私はすぐに当時のことを思い出していたのだけれど、電話で話すには、当時の私の気持ちがちゃんと伝わらない気がして、今日はわざわざあなたに来てもらったの」

「そうだったんですか。……でも、なぜ?」

「なぜって? それは、ここにいる参加者の人たちにも私は謝らないといけないと思ったからよ」

「どういう意味ですか……?」

「ここにいる人たちは全員、百鳥悠次郎さんと関係があった。それは当時から私も知っていました。もう30年も前の話だけれど、皆さんと悠次郎さんとの仲を引き裂いたのは私だから。当時は、あなたたちのことを恨んだりもしたけれど、皆さんも悠次郎さんと遊びではなく真剣に交際していたということを聞けてよかったと心から思う。私はこれまで、あなたたちから悠次郎さんを奪った埋め合わせとして、不動産投資に関するいろんなことをお教えしてきたの。皆さんが投資で成功されたことは自分のことのように嬉しいし、生活を安定させられて、すごくよかったと思う。でも、悠次郎さんのことを今でも昨日のことのように話すあなたたちをみると、悪いことをしたとも思うの」

年長の助川光子が全員の声を代弁するように口を開いた。 「平林さんにはもちろん感謝しているし、その……悠次郎さんが本当に平林さんの婚約者なら、悪いことをしたのは私たちの方だと思う。でも、婚約をしていたのに、悠次郎さんと結婚されなかったのは、私たちとの浮気が原因ですか?」

「ううん、それとは関係ないの。結婚しなかった理由は、今となってはどっちでもいいことかもしれないけれど、皆さんには時系列をおって、ちゃんとお話した方がいいと思う。ちょっと混乱している人もいるみたいだし」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません