一流の男の胃袋をつかむなら一流食材はマスト!「卵かけトリュフご飯」

うに、キャビア、からすみ……リッチな食材たっぷりの「贅沢素麺」や「蟹味噌茶碗蒸し」、土鍋で炊いた「卵かけトリュフご飯」など、名物和食が食通と酒好きの絶賛を博し続ける大人気割烹「はらまさ」。新宿・荒木町の外れにひっそりと佇む噂の店の大将が伝授する、華のある簡単レシピ集『美食家のための贅沢和食』から、選りすぐりの一皿を紹介。さっと作れたら、もてなし上手!ときっと褒められそうです。節約、作りおき、残り物……そんな庶民派テイストがイマイチ響かない、グルメのための家ご飯!

第1回目は締めに喜ばれるご飯もの。
「はらまさ」のコースのスペシャリテでもある「卵かけトリュフご飯」です。

濃厚でまろやかな黄身のコクに、削りたてのトリュフの香りが絡みつく、夢のような組み合わせ。世界で一番贅沢な大人の卵かけごはんです。

土鍋で炊いて、目の前でふたを開ければ、大歓声間違いなし。
もしも「トリュフがない!」なんて緊急事態には、代わりに上質な削りかつおがいいでしょう。それも、香り豊かで味がいい極上のもので。削りたてがベストです。


◆材料(4人分)
米 2合
卵黄 4個
黒トリュフ 適量
だし240cc(「おいしいだしのとり方」は本書93ページに!)
薄口しょうゆ 大さじ11/3

◆作り方
1.土鍋に洗った米とだし、薄口しょうゆを入れてふたをし、強火にかける。沸いたら弱火で15分炊き、火を止めてトリュフを好きなだけ削り入れ、ふたをして5分蒸らす。
※米は洗った後の吸水が大事。洗米後、一度水気を切ったら1時間ほど吸水させてから炊くと、ふっくら炊けます
2.トリュフご飯を茶碗によそい、溶いた卵黄をまんべんなくかけて混ぜながらいただく。

★おいしいご飯を炊くには?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美食家のための贅沢和食 ─大人気割烹の味を自宅で!

原正太郎

うに、キャビア、カラスミたっぷりの「贅沢素麺」や「蟹味噌茶碗蒸し」、土鍋の炊き立てご飯を使った「卵かけトリュフご飯」など、食通と酒飲みの絶賛を博し続ける、今、大人気の割烹「はらまさ」 。 新宿・荒木町の外れにひっそりと佇む噂の店の大...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード