五月病・ファインマン・マインドコントロール

今回の「新・山形月報!」は、新入生・新入社員の皆さんには特に必読ですよー。紹介された本は、石村貞夫・石村友次郎『入門はじめての時系列分析』(東京図書)、松原望『松原望の確率過程超!入門』(東京図書)、Sau Sheong Chang『RとRubyによるデータ解析入門』(オライリージャパン)、珍建築研究所編『奇形建築物世界遺産100』(扶桑社)、アレックス(サンディ)・ペントランド『正直シグナル』(みすず書房)、ロバート・B・チャルディーニ『影響力の武器』『影響力の武器実践編』(ともに誠信書房)、スティーヴン・ハッサン『マインド・コントロールの恐怖』(恒友出版)などです。

ゴールデンウィーク前には、と思いましたが突入してしまいましたよ。すみません。ゴールデンウィークあたりは大学生でも新入社員でも(そしてロートル社員でも)五月病の発端ではある。「あたしは一体何のためにがんばってきたのかしら……」なんて思いにかられて、ホケーッとなってしまい、というわけ。

まあ大学生は、ホケーッとするのも一興。あとから考えればもったいないことをしたと思うけれど、でも人生ある程度後悔がないと伸びませんので。でもときどき一歩下がって、自分はこれでいいのか考えてくださいね。

その一方で、就職した人たちは2つに分かれて、ヘコヘコ頭下げたり議事録作ったりコピーしたり経費処理したりで、オレはこんなことをするために一生懸命シューカツとやらをしたのか、と脱力感にかられる人と、自分が全然能力不足で役立たずだと絶望感にかられる人とがだんだん分離してくるんじゃないかな。

前者の人は、変に思い上がって自分の仕事をバカにするようになり、ノマドとかCSRとか口走る道にいかなければ(そして一方で会社ボーグの泥沼に取り込まれなければ)、その脱力感を有益な方法に向ける道もあると思うんだ。で、後者の人は、たぶんいまこそ少しでも勉強するときじゃないかと思う。

特に、数学とか統計分析とかは、いまこそやるべきだと思うんだ。意識の高い学生とかはすぐに英会話とかに走るんだが、語学は一朝一夕ではいかない。時間もかかるし根気もいる。でも会社で使うくらいの数学や統計なんて、集中してやれば3日でかなりのところまで行く。

いやそれどころか、数学や統計分析は、学生時代より就職してからとかのほうが学習しやすいんじゃないかとぼくは思っている。なぜかというと……就職したら、仕事で分析しなくてはいけないデータがあるから。学生の頃は先生に言われて、日本のGDP水準と自殺件数の相関についてレポートを書けとか言われるけれど、興味がなければ単に面倒でうっとうしいだけ。この仮説は棄却されるかどうかなんて、好きにしろよと思ってしまう。自分の興味とはまったく関係ないもの。数学とか統計とかのお勉強でいちばんネックになるのは、なぜそんな分析をせにゃならんの、という切実さが自分にはないということなのだ。

でも、就職したら分析する必要のあるデータが目の前にある。売り上げが伸びないといって部長が目をつり上げて怒鳴りにくる。客先の業績見通しも考えないと。さてどうする? まずこの10年くらいの平均を取るかなあ。でも、それがずっと続く保証はないし、今後売り上げが伸びると言いたいんだから……じゃあグラフにしてみて、一次回帰でもしてみるか。おお、なんかそれらしいぞ。え、r2が低すぎと言われたけど、何それ? あと、営業コストかければ売り上げ増えることを示したいんだけど……うーん、でも昔のデータ見ると、すぐには増えないなあ。月次データだと、営業費用入れて半年くらいで売り上げも増えるようだし、でも他の要因もありそうで云々云々。

そういうのがあって、はじめていろんなデータ分析の意味も出てくるし、あれをやってみよう、これはどうだ、というように勉強する意味も出てくる。そして、ちょっとでもやれば、他人が何をやっているかもわかる。ビッグデータとか最近話題だけれど、基本やってるのは大してむずかしいことじゃない。それがわかるようになるのに、3日。まあ、一次関数のグラフもわからないとなると、もう少し時間はいるけれど。

前回、そういうことで尾山大輔・安田洋祐編著『経済学で出る数学』(日本評論社)を紹介したけれど、あれも後半だとちょっとむずかしい。説明した本はいっぱいあるけれど、最近見た中では石村貞夫・石村友次郎『入門はじめての時系列分析』(東京図書)あたり、理屈と同時にそれをエクセルでどう解くか解説してくれていて、たぶんすぐに役にたつ。前回も書いたけれど、読んでいるだけじゃダメ。自分で手を動かしてください。使ってください。

入門はじめての時系列分析
入門はじめての時系列分析

あと、確率っぽい話だと、松原望『松原望の確率過程超!入門』(東京図書)の半分もやっておけば十分。そこまでわかれば、後は何が必要か自分で判断できるようになる。ちょっと高度なことをやりたい人は、先日出たSau Sheong Chang『RとRubyによるデータ解析入門』(オライリージャパン)あたり勉強になりそう。邦訳者たちがかなり加筆までしてわかりやすくしてくれている。ぼくも少し勉強して仕事に使ってみようっと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

E_crps @Pksmsky https://t.co/qMR66L8TNI ほれ さっきのツイで言及したところまでは読めるよ 僕はたぶん脳に問題がある(この前数学が苦手な人は数学をしようとした瞬間脳が苦痛を感じるってニュースでみた)からという逃げ 4年以上前 replyretweetfavorite

millionsmile 紹介されてる本の量がぱない:第15回  5年弱前 replyretweetfavorite

tw1963 第15回  5年弱前 replyretweetfavorite