恋愛しないが、家族は欲しい。孤独に襲われています

もうすぐクリスマス。今回、牧村さんのもとには、「恋愛やセックスをすることはできないが、家族はほしい」というお悩みが届きました。牧村さんは相談者の心に優しく寄り添いながら、孤独との向き合い方を考えていきます。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

クリスマス、そして年末年始。「大切な人と過ごす」ってことになっているイベントは、「大切な人」が誰なのかを突きつけられるイベントでもあります。今朝もCNNで「クリスマスソングは不快? 長期化と連続、心の健康に影響も」って記事が出てきました。しみわたります。寒さ、しみわたる季節です。

だけど、自分を温めるのは自分よね。

今回は、「恋愛しないが家族が欲しい。おそらくアセクシュアル(無性愛者)である自分のパートナーになってくれる人なんていない気がして孤独だ」とおっしゃる方からのご投稿を引いて考えます。孤独との、向き合い方を。

はじめまして。自分の立ち位置に名前がつけられなくなってきて、また先々の人生も不安がいっぱいです。というのも、私はおそらくアセクシャル(※)だと思うからです。
(※牧村注:アセクシュアル=無性愛。俗にAセク(アセク)とも。他者を恋愛や性愛の対象にしないというあり方。かといって愛がないとは限らず、家族愛や友愛などで人と繋がる人もいる。また性欲がないとも限らず、自慰ならするという人もいる。なお英語のasexualは、「他者を性愛の対象にしない」という意味で使われることが多い。「他者を恋愛の対象にしない」は、aromantic(アロマンティック)の語で区別される。新書「ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?聞きたいけど聞けないLGBTsのこと」(牧村朝子著、イースト・プレス刊、2016)186ページに図表あり)


今32歳ですが(肉体的には女性です)、今までどの他人にも欲情したことはなく、誰とも付き合ってきませんでした。

人間が嫌いということはたぶんないと思います。お友達と仲良くするのはとても楽しいです。ですが、恋愛として誰かを好きになったことはないような気がします。今まで、男性からも、女性からも、お付き合いを打診して頂きましたが、断ってしまいました。単純に面倒、というのもありますが、心が全く動かない、というのが大きな理由のような気がします。

このまま結婚しなくてもいいようにも思っていましたが、この後両親が亡くなることを考えると、自分の家族が欲しい自分に気付いてしまいました。また、人間を育ててみたい自分にも気付きました。しかし、セックスは無理です。キスも性的な気持ちがある人とは無理です。オエッとなってしまいます。

人生のパートナーにはなってほしいが、相手の性的欲求には一切応えない(子供は養子になる可能性が高い)という人間とパートナーになってくれる人がいるものでしょうか?おそらくいないでしょう。この孤独感が時々耐え難いものとして襲いかかってきます。

また、無邪気に私の結婚と出産を信じている父親(とても良い父で、大事にしてくれた人です)が気の毒でたまりません。

この話は、匿名の場所以外では言ったことはありません。この重たい孤独感を抱えて、長ければあと50年近く生きていくのかと思うとびっくりしてしまいます。既に結婚を考えるには多少遅い年齢のような気もしますし、今後どうすればいいのか…。人生そのものはとても楽しいのですが、ふとした時にしんみりしてしまいます。どうしたら良いでしょうか。お考えを聞かせて頂けたら嬉しいです。

(個人特定を避けるため、一部編集して掲載しました)

それじゃ、アセクシュアルな方々の出会い系サイトに登録しませんか!?


(asexualitic.comスクリーンショット/2017年12月閲覧)

……いや、のっけから迷惑メールみたいでごめんなさいね。なんだか、ご投稿者の方が、「自分のパートナーになってくれる人なんかいないんだ」ってご自分で決めつけていらっしゃるように見えたから。

あのね、そんなことないのよ。私、いわゆるアセクシュアルの方同士が、恋愛関係ではなく信頼関係に基づいた結婚をなさった例を知っています。また「結婚」っていう形にするかどうかは別としても、少なくともアセクシュアルの人同士で寄り添っていきましょうって考えている人がいるらしいことは、アセクシュアル専門出会い系サイトがあることや、SNS上にアセクシュアルのハッシュタグがあること、アセクシュアルのオフ会があることなど、そもそもアセクシュアルっていうカテゴリが生み出されたことなどからわかりますよね。本連載の過去記事にも、アセクシュアルという言葉では表現されていないものの、「異性と恋愛するより同性の親友と暮らしたい」というものがありますよ。


(KeLove.frスクリーンショット/2017年12月閲覧)

自己責任でアクセスしていただきたいのでリンクはしませんけれども、アセクシュアル専門出会い系サイトは、 少なくとも3件あります。英語圏の「asexualistic」、それからフランス語圏の「acitizen」「KeLove」。日本語圏には私が知る限りありませんから、ビジネス的にはブルーオーシャン! ご自分で創設されてもいいかもしれませんね。また、既存のサイトに「アセクシュアル」の登録選択肢を加えてもらえるよう要望を出すのもいいかもしれません。

っていうかそもそも、アセクシュアルというタグを引き受ける事すら、しなくてもいいかもしれません。

自家製の孤独にとらわれるとき、人は「自分だけがみんなと違う」という思いに沈んでしまいがちです。クリスマスソングが流れる中、みんなが男女ペアで寄り添っていて、クリスマスキャンペーンのカップル割引も男女ペアにしか効かなかったりして。年末年始の親族も、父母に祖父母に叔父叔母に、みんな見事に男女ペアに見えたりして。

けれども、冷静に考えてみれば、「男女一組で排他的に恋愛性愛パートナーシップ関係を完結させる」ってことをしてる夫婦ばっかりでは全くないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jyunnakou この方の孤独との向き合い方、ほんとに丁寧で素敵だ https://t.co/X35XWoROMK 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yuya_presto #アセク の人からの相談 » 1年以上前 replyretweetfavorite

showgo https://t.co/wgCr27nZgY 1年以上前 replyretweetfavorite