ブス図鑑

埋没してしまわないために、才能(ブス)に甘えることなく精進が必要

タイトルは、その本の売れ行きにも影響するとても大事なものです。『ブスの本懐』も『ブスのたしなみ』も、それぞれたくさんのタイトル候補を並べて「あーでもない、こーでもない」と議論し、うんうん唸りながら考えました。タイトル案を考える際には「ブスの◯◯」で思いつくままいくつも考えていきますが、しまいには大喜利のようになっていきます。
今回は、候補案からボツになったタイトルを特別に公開します!

「天才も30過ぎればただのBB(ブスババア)」とはよく言ったものである

皆さんすでにご存じの通り、ブスというのは、ただ顔が悪いだけでやっていけるような甘い業界ではない。顔だけが売りのアイドルと同じように、加齢と共に人気が激減する。

ブスも年を取るごとに、そこにババアが同化しだし、30過ぎれば美人でもみんなババア、つまりブス、という雑すぎる世界観の人間からは全部同じに見え始めるため、顔がブスなだけでは目立てなくなってしまうのだ。

そうなると「10代、20代の時はトップブスだったのに…」という過去の栄光にすがって余生を過ごすことになってしまう。
「天才も30過ぎればただのBB(ブスババア)」とはよく言ったものである。
つまり埋没してしまわないためには、才能(ブス)に甘えることなく精進が必要ということである。

まず大事なのは、世の流れに敏感であることだ。一回ウケたギャグでも延々やっていたら飽きられるし、むしろつまらなくなる。
しばらくは「ブス」という、ドアを開けて入ってきただけで面白いという、出オチ芸で皆さんに満足していただけるだろうが、そのうち、目も慣れる。

一向に皆さん慣れる様子がなく、何回やっても新鮮な笑顔や驚きを見せてくれる、という場合は、どの業界にも一人はいる「ホンモノの天才」だと言えるので、そのギフトを授けてくれた神に感謝しよう。

だがそんな、天才は一握り。凡人は努力と技術でやっていくしかないのだ。同じことを続けている間に、次々と新しいブスがドアを開けて入ってくるのである。

そういう私も、書いたそばから書いたことを忘れるので、同じことを何回も言っているような気がする。その反面、編集部側は積極的にトレンドを押さえたいと思っているようだ。

選ばれたのは「ブスの忖度」ではなく「ブスのたしなみ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

00sasao_ 天才(ブス)も楽じゃねーな 3年弱前 replyretweetfavorite

mo_mon7575 カレー沢さんすごいよなあ。わりと似たようなこと書いてること多いのにたいてい全部面白い。たぶん死ぬまで面白いっぽい https://t.co/BC57G6hWME 3年弱前 replyretweetfavorite

rosia29  ブスは甘い世界じゃない 3年弱前 replyretweetfavorite

chiruko_t トップブスとは←  3年弱前 replyretweetfavorite