京都、朝あるき 冬

凛とした朝の空気のなか、祇園界隈で坐禅体験!

冬の京都。秋や春の観光シーズンとはまた違った、独特の赴きと情緒のある季節です。本稿では、この街を知り尽くした京都在住の女性三人組ユニット・ことり会のメンバーが、単行本『京都、朝あるき』から、朝一番から味わいたい選りすぐりの「冬の朝京都」プランを教えてくれます。今回は、底冷えのする盆地ならではの京都の寒さを逆手にとった「坐禅体験プラン」を、祇園のとっておきの穴場とともにご紹介します!

坐禅体験@建仁寺塔頭 両足院

自然と共に身体感覚を旅する

 華やかな繁華街・祇園の南側にありながら、ここは静寂が広がる特別な空間。建仁寺は1202(建仁2)年、栄西禅師(ようさいぜんじ)により建立されたお寺で、敷地内は建物がゆったりと配置され、のんびり観光できるのが良いところ。畳108枚分もの天井画「双龍図」や俵屋宗達(たわらやそうたつ)の「風神雷神図屏風(複製)」など、見どころは多々ありますが、とくにおすすめしたいのが重要文化財・方丈(ほうじょう)の潮音庭(ちょうおんてい)。四方向から眺められる枯山水の庭で、季節や時間帯によってもさまざまな表情を見せてくれます。

 このほか建仁寺には15 余りの塔頭(たっちゅう)が点在し、その中のひとつ、両足院(りょうそくいん)は庭の半夏生(はんげしょう)が美しいことで知られています。初夏と冬にだけ特別公開されますが、実は年間を通じ写経や坐禅などが体験できる機会を設けており、参加者は普段は非公開の寺内でそれらを体験することができるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

心静かな「朝京都」の愉しみ。選りすぐりのスポットを四季に分けてたっぷり紹介!

京都、朝あるき

ことり会
扶桑社
2017-10-06

この連載について

初回を読む
京都、朝あるき 冬

山田涼子(ことり会) /辻ヒロミ(ことり会) /江角悠子(ことり会)

心静かな朝京都の愉しみ方を、京都在住女性トリオの「ことり会」がご紹介します。 近年では「朝活」といった言葉が定着し、旅先での朝を気持ちよくすごす提案も増えてきました。寺社仏閣の多い京都の朝は早い。だからこそ、いつもより早起きして朝から...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ezu1030 「秋」が好評だったとのことで、「冬」も公開されることになりました! 10ヶ月前 replyretweetfavorite