疑心暗鬼

岐路

なにもかも福岡と違う、東京のお笑いライブが終わった後、
僕たちはカンニング・竹山の部屋で飲みなおしていた。
道がとっくに分かれていたことに、特に傷つきもしなかった。
でも、それぞれの場所で崖っぷちに立っていることは結局一緒なのだ。

いくら同じ芸人とはいえ、さんまさんと自分を重ねるなんて。

さんまさんだけではなく、タモリさん、たけしさん、とんねるずさん、ダウンタウンさん、ウンナンさん、それこそ、さっき深川座で見たホンジャマカさんや笑組さんでもかまわない。

福岡吉本という、東京や大阪から隔離された世界で生きている僕にとって、全国ネットのテレビに出ているような方々は別世界の住人だった。そんな芸人さんと自分を重ねたところで、何の意味があるのだろう? そもそも、そんな図々しい真似はできないし、そんなことは、やっちゃいけない。

それぐらい強固な境界線を、僕は心の中で引いていた。これこそが無意識の内に芽生えてしまう、地方芸人特有のコンプレックスの正体なのだが、しかしそれでも、どうしたって釣り合わないのだから。

ヨソはヨソ。ウチはウチ。

小さい頃から両親に叩き込まれた家訓も生かす形で、僕はこの線引きに何の疑問も抱かなかった。

それなのに、福岡吉本を飛び出した竹山は、もう同じフィールドにいた。あろうことか今の竹山は、さんまさんと自分を並べて考えることに、何の抵抗も感じていないのだ。

さんまさんと竹山の差は、大した問題ではない。

いつか、売れたい。
いつか、ああなりたい。
いつか、世に出てやる。

芸能界で成功したいという、夢物語でしかない大博打に己の人生を賭けているのだから、周りの目なんか気にしている暇はない。どんな苦労があろうとも、どんな手段を講じてでも、絶対にここから這い上がってみせる。

福岡吉本では持ち合わせようのない、そんな芸人としての気概。あるいは、芸人としての矜持。

それを東京で竹山は手に入れている。だからこそ、平気でさんまさんと自分を重ねられるのだ。

言葉にならない焦燥感が、僕の全身を駆け抜ける。やっぱり、こいつは違う。最初から負け戦のつもりで芸人になった僕と竹山とでは、根本的に違うんだ。

福岡で与えられた仕事を必死にこなしているだけの僕に、この何気ない竹山のひと言は深く刺さった。それは大切な意識の塊として、今も心のどこかに焼き付いている。

「で、どうなん? カンニングの調子は?」

「うーん、まだ始めたばかりだからね」

「まだ一年ぐらいやろ?」

「それぐらいかな」

今日の舞台だけで判断すると、東京でカンニングが爆発的にウケているというわけでもなかった。もちろん、新しい相方の中島くんとコンビを組んで間もないのだから、それは仕方のないことだろう。これから少しづつ階段を上っていくしかない。

しかし、福岡吉本とは比べものにならない数の若手芸人を、しかも同世代の東京芸人を目の当たりにしたばかりだった僕は、口にこそしなかったが、カンニングの行く末を心から案じていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
疑心暗鬼

博多大吉

「どうして芸人になろうと思ったんですか?」一番多く投げかけられたこの質問に、いつも心の中で聞き返す。「どうしてみんな、芸人になろうと思わなかったんですか?」ーー時はバブルまっただ中。福岡の片隅で、時代の高揚感に背中を押された少年が抱い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mokuromu_otouto これ毎月?読んでる奇特な人おらへん? 毎週木曜にこのサイトを訪問してしこしこと全文を読んじょるの。 今回のやつがここだけ読んでも面白かったんにもう読めなくなっちょるの。。。 世知辛かぁぁぁ。。。 #博多大吉 #疑心暗鬼 https://t.co/wiKrUjhhRv 2年弱前 replyretweetfavorite

mspirolyn https://t.co/dcL9yL9bxF 2年弱前 replyretweetfavorite

hanadai6 https://t.co/Pd0b4cCZ8c 2年弱前 replyretweetfavorite