大学1年生の歩き方

クリぼっち」は 人間関係を見直すチャンス

最近では「クリスマスに一人ぼっち」のことを「クリぼっち」というそうです。普段は一人でも平気なのに、クリスマスになるとなんだか余計に寂しく感じられるのはどうしてなのか。経験者の桃山商事代表清田さんが、クリぼっち恐怖症の謎にせまります。
「私たちの脳裏に浮上するのが、「自分の本当の居場所(=ホーム)はどこなのか?」という問いです。」

自分の所属先は一体どこなのか?

師走のビッグイベントと言えばクリスマスですが、今は「クリスマス=恋愛」という時代でもないし、たとえひとりで過ごすことになってもLINEやSNSで誰かとコミュニケーションは取れるため、そこまで強烈なさみしさを感じることはないかもしれません。

しかし、体感的にはそこまでさみしくないにも関わらず、“クリぼっち”という言葉がそれなりに重たい意味を持っているのには理由があります。それは「自分の帰属先」が問われてしまうからです。

クリスマスというのは、多くの人間が「誰と過ごすか」を一斉に考えるイベントです。恋人だけでなく、どの友だちと過ごすか、どのグループのイベントに参加するか、数日前から考えてしまう人は多いと思います。また、仮に普通の日と同じようにひとりで過ごそうと思っても、「ひとりであること」をつい意識させられてしまう。クリスマスの火の粉は、関心の有無に限らず万人に降りかかります。どんなスタンスを取ろうと、強制的に意識させられてしまうのが厄介なところです。

私たちは基本的に、複数のコミュニティに属しながら日々を送っています。大学1年生であれば、地元の幼なじみ、中学や高校の友だち、大学のクラスメイト、サークル、バイト先、趣味のつながりなど、関わりの濃淡が異なる複数の所属先があると思います。

こういった中で、みんなが一斉に誰と過ごすかを考えさせられてしまう……。すると、どうなるか。ここで私たちの脳裏に浮上するのが、「自分の本当の居場所(=ホーム)はどこなのか?」という問いです。

これを考えるのは、案外恐ろしいことです。もちろん、確固たる所属先がある人は問題ないでしょう。自分もそこをホームだと認識し、相手も同じ思いだと確信できる。こういった関係がひとつでもあれば安心だし、「恋人」というのもそういった所属先のひとつです。

「居場所がない」という不安にどう向き合えばよいのか

問題は、これに確信が持てないときです。

いろんなコミュニティに所属してるものの、どの所属先でも「自分はコアメンバーである」と胸を張って言い切ることができない。自分が仲良しだと思っている人には、自分よりももっと仲良しの人がいるかもしれない。あのグループで、自分の位置づけはどのあたりなのか。結局のところ、自分にはホームと呼べる人間関係などないのではないか──。

こういった不安をあぶり出してしまうのがクリスマスというイベントなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大学1年生の歩き方

清田隆之(桃山商事) /トミヤマユキコ

「失敗しても大丈夫!」な人生の歩き方とは? 早大助教のトミヤマユキコと、恋バナ収集ユニット桃山商事の清田隆之が、仕事や恋愛、お金やコンプレックスの話まで、自身の黒歴史をさらしつつ語ります。「キラキラしたいわけじゃないけど退屈な学生生活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cafe_petit 確かにね〜 3年弱前 replyretweetfavorite

koropanda1 よく見る現象〜 3年弱前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "人間関係においても「とりあえず偏ってみる」ことをオススメします。損得を考えず、とりあえずどっぷり関わってみる。なるべく一緒に..." https://t.co/4wJXL6C3yx https://t.co/19fyeU5Z0R #drip_app 3年弱前 replyretweetfavorite

shunshun0211 結局のところ、自分はどこにも所属していないかもしれない…支払わされた「浅く広く」のツケ。 3年弱前 replyretweetfavorite