食い逃げ? それとも……

【第36回】
三葉食堂にあやしい男が。
料理にも手をつけず、周囲をちらちら見回している。
食い逃げでもしようとしてるのか? それとも……。
小説すばる新人賞作家・行成薫が描く、先読み不能の「超能力」エンターテインメント!

「もし、食い逃げだったら、どうする?」

「どうするって、下手に追っかけたら、何するかわからないですよ、そういう人って」

「オッサン一人くらい、俺ら二人掛かりなら何とかなるだろ?」

「いやでも、ナイフとか持ってたらどうします?」

「世の中、そんな物騒なのかよ。ヤベえな」

「警察に通報すりゃいいんじゃないですかね。無理しない方がいいですよね」

 男は、今村らの視線には気づいてはいないようだ。緊張した様子で深呼吸をすると、待ち構えていたかのように、ポケットから透明の液体が入ったガラス瓶を取り出した。男は背を丸め、目の前に置かれていた辛味ダレの容器を手にし、ふたを開ける。そして、持ってきたガラス瓶の中の液体を、タレの中に入れたのだ。

 今村は、思わず声を上げそうになって、口を押さえた。一体、男は何をしたのだろう。あの液体はなんなのか。不特定多数の人を狙った、毒物による無差別殺人? 三葉食堂を潰すための工作? いろいろ理由を思い浮かべるものの、のんびりした片田舎の食堂には、どれもしっくりこない。

「なんですか、あれ」

「俺だってわからねえよ。でも、なんか入れたな」

「毒とかじゃないですよね」

「やめろよ、超怖えじゃねえかよ」

 食い逃げならとっ捕まえる、と息巻いていた北島が明らかに失速し、腰が引けている。

「あの、お味、足りなかったかしら」

 今村が目を離していると、いつの間にか、オバちゃんが男の横について、辛味ダレの容器を指さしていた。男は、目を丸くして、オバちゃんの様子を見ている。

「でも、みなさんが召し上がるものなのでね、何か入れて、味が変わっちゃうと困るのよねえ」

 北島の顔色が変わる。今村も、思わず腰を浮かせた。

 男は、虚を衝かれたのか、一瞬、動きを止めた。だが、次の瞬間、液体を混入させた辛味ダレの容器を引っ摑み、すんません、と一声叫ぶと、オバちゃんを突き飛ばして立ち上がり、出口に向かって走ろうとした。

「ちょ、ちょっと」

 咄嗟(とっさ)に、今村が男の進路に立ちふさがる。だが、男は「どけ!」と一言怒鳴り、今村の顔を殴りつけてきた。二十三年の人生で、人様に殴られた経験など一度もない。あまりの衝撃に驚いて、今村は腰からへたり込んだ。

「おい、何やってんだよバカ!」

 北島の怒号。入口の扉が乱暴に開けられる音。女性の悲鳴。

 今村が、正気を取り戻した時にはすでに、男は外へ飛び出していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ある日とつぜん「役に立たない超能力」に目覚めてしまった5人。予測不可能の傑作エンタメ!

この連載について

初回を読む
僕らだって扉くらい開けられる

行成薫

もしも突然、「超能力」に目覚めたら・・・? 誰もが一度は抱いたことがあるそんな妄想が、ある日とつぜん現実になってしまった五人。さえない人生が一変!と思いきや、どれもこれも「制約」つきで、不都合満載、トラブル多発・・・こんな能力、いった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません