歴史の教科書は勝者が作る、負けた奴はみんな悪人、だからボクは悪人

御巣鷹山の悲劇は空前絶後ではなかった。史上最悪の航空機事故は仕組まれたのか。幾人もの事故関係者と遺族、生存者の証言から浮かび上がる謎の数々。刊行自体が「アクシデント」な劇薬小説。山島久美子の証言、第七回です。
『タモリ論』で「いいとも」終了を予見した樋口毅宏さんが、満を持して放つ巨篇『アクシデントリポート』を特別掲載いたします。

 二〇〇七年五月三十日、新潟県の寺泊(てらどまり)にある民宿に潜伏していた飛山社長が、宿のあるじの説得により出頭しました。身柄を東京拘置所に移された後、飛山出版は会見を開き、社長に解任を通告。事実上の追放です。併せて飛山映画の解散が発表されました。うたげは終わったのです。

 バッシングは最高潮を迎えました。飛山社長に擦り寄っていた人たち、有形無形の恩恵を受けてきた人たち、他にも「一生ついていきます」と誓った人たちが、彼のもとを足早に去っていきました。黙って消えるのはまだいいほうで、先頭に立って弾劾する人もいました。ワイドショーから週刊誌、タブロイド紙やネットの掲示板まで、大勢の人たちが飛山社長と私を物笑いの種にしました。


「仰天情報! 飛山社長は社内で覚醒剤をキメてた!」
          (週刊文春六月八日号。以下の記事の見出しはすべて二〇〇七年)

「元『喜び組』が告発! 世紀の虚業家による、ドラッグと暴力と女優喰いの日々」
                           (週刊ポスト六月十一日号)

「極秘スクープ! 良知クミは飛山社長の子供を堕ろしていた!?」
                          (東京スポーツ六月十三日付)

「飛山元社長と良知クミのニャンニャン写真、高く買います」
                              (BUBKA七月号)

 中世の魔女狩りでもかくはあるまいといった、国民総出のリンチが続きました。

 暴行、恐喝、銃刀法違反、脱税、業務上横領など余罪が次々と明らかになり、弁護士が飛山社長の保釈請求をしても、その都度つど却下されました。第一、保釈金を支払おうにも、社長は映画を作るため、成城にあるご自宅をすでに抵当に入れていましたし、そもそも私腹を肥やすという発想がない人なので、貯金もなく、無一文に近い状態でした。

 返す返すも残念なのは、社長のために保釈金を払うと言ってくれる人がいないことでした。

 話は変わりますが、その後何年か経ってから、小室哲哉さんが著作権譲渡に関する詐欺の容疑で逮捕されたとき、全盛期の小室さんに曲を依頼して、自分も大金を稼がせてもらった人たちが蜘蛛くもの子を散らすようにいなくなった中、エイベックスの松浦社長は個人で、保釈金の三千万円だけでなく、事件の被害者に六億五千万円もの大金を肩代わりしました。

 俳優の押尾学さんもそう。罪を犯したのは事実ですが(明らかになっていない事情もあるにせよ)、彼のために高額の保釈金を積んでくれた友人がいたのもまた事実です。

 小室さんと押尾さんをいたずらに擁護するつもりはありませんが、でもひとつ言えることは、「他の人たちもやっているから」と、吊るし上げて楽しむ人たちより、小室さんと押尾さんのおふたりは、自信を持っていいような、誇りのある生き方をし、真の友人と理解者をお持ちだったのではないでしょうか。


 話を戻します。

「やあ、よく来たね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アクシデント・リポート

樋口毅宏

御巣鷹山の悲劇は空前絶後ではなかった。史上最悪の航空機事故は仕組まれたのか。幾人もの事故関係者と遺族、生存者の証言から浮かび上がる謎の数々。刊行自体が「アクシデント」な劇薬小説。 『タモリ論』で「いいとも」終了を予見した樋口毅宏さん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

honya_arai もう一回読みたくなってきたが、また全ての通常業務が停止してしまう… → 2年以上前 replyretweetfavorite