山田純(クアルコム ジャパン株式会社)vol.4 経営者のセンスが、正しい決断を引き寄せる

日本企業は、不要な事業を切り捨てる判断ができない。そう語る藤野さんに、それは日本企業だけでなく、欧米の企業でもありえることだと指摘する山田さん。日本の大企業と、爆発的に伸びたアメリカ企業を体験した山田純さんが考える、日本企業のこれからの生きる道とは。そしていま、日本企業がエジソンから学ぶべきこととは。

新しい価値を生み出し「どうだまいったか!」と言いたい

藤野 日本企業が、電気機器の分野で海外の企業に負けていったのはなぜなのか。コンサルティングは、どこの国でもみんなマッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループなどに頼んでいるわけです。今あるビジネスをどう活用するかということは、日本だってすごく考えているし、技術も手元にある。しかし、最終的に何を捨て、どれを残すかという判断ができない。

山田 MBA的な分析以外の要素が必要なんでしょうね。

藤野 僕は、もしかしたら、社長自身の人生観や哲学、歴史観、場合によってはどれだけ文学に精通しているかなども含めた、世の中をどう見るかというセンスによるなんじゃないかと思うんです。日本ではまだ、そういうリベラルアーツみたいなところも含めた経営の議論がなされていないと感じます。

山田 それは同感ですね。クアルコムの場合は、創業者が大学の先生なんです。それもあって、技術をベースに、今までにない新しいことを世に問うて、おもしろいことを成し遂げたいというのが価値判断の基準になっています。モトローラやエリクソンと戦って、ビジネスのボリュームを大きくするということには、あまり関心がない。だから携帯端末の事業からは手を引いたんです。そんなことより、新しい価値を世の中に生み出して、「どうだまいったか!」と言えれば幸せ(笑)。そういう感覚が、世界規模の会社になってもまだ残っている気がしますね。

藤野 アメリカの本社の経営陣が、そういうことで目を輝かせているんですね。

山田 そうそう。日本のこのクラスの規模の会社の経営陣で、やっぱり目をキラキラさせている感じの人ってあんまりいないですよね。藤野さんは仕事柄たくさんの社長に会っていらっしゃると思うんですが、特に大手の一部上場企業になればなるほど、そういう経営者にお目にかかることはめったにないんじゃないですか。

藤野 そのとおりですね。しかもこの10年、どんどん小粒になってきているような印象を受けます。ちょっときつい言い方をすると、「マトリョーシカ人事」って呼んでいるんですが……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oonoshun 恥ずかしながら、商魂って初めて聞いた! 約5年前 replyretweetfavorite

yaiask 13:32まで無料。エジソンはがめつい商売人だった。けどそれでいいじゃない、という話→ 約5年前 replyretweetfavorite