瀬戸内寂聴「作品を書き始めたのは女学校時代」

【第2回】95歳、ご活躍を続ける作家・瀬戸内寂聴さん。ご自身が代表作を3点選び、それらを軸にして創作活動の歴史を語ります。今回は太平洋戦争が始まる直前、徳島の女学校から東京の女子大に行った頃の話。なぜまた東京に行ったのか? ※代表作3点は『夏の終り』(1963)、『美は乱調にあり』(66)と『諧調は偽りなり』(84)の一組、『源氏物語』現代語訳(98) (聞き手・平野啓一郎)


書き始めたのは女学校時代

平野啓一郎(以下、平野) その頃、何か書き始めたりしていたんでしょうか。小説とか短いものとか、ご自分で書いたりしていましたか。

瀬戸内寂聴(以下、瀬戸内) 書くのは、女学校(徳島高等女学校)に行ってからね。女学校に入って、絵のとても上手なお友達がいて、彼女に「挿絵画を描いてね」と言って、私は何か小説みたいなものや詩なんか書いて、原稿用紙を綴じた文集を作ったりしていました。

平野 そうですか。それはまだ残っているんですか。

瀬戸内 いや、残ってない。

平野 その頃はもう将来、小説家になりたいとか、そういうことは考えました?

瀬戸内 小学校3年のときに、先生が「名前は書かないでいいから、大きくなったら何になりたいってお書きなさい」という時間があってね。一人ひとりが書いたものを、先生が読んで発表するの。髪結いさんになりたいとか、早く結婚したいとか、お母さんになりたいとか、いろいろなものがあるなかに、小説家になりたいというのが一つあったんですよ。そしたら皆が私の方を見るの。だから、そういう感じだったんでしょうね。

平野 もうすでにクラスの皆からは、瀬戸内さんは、本を読むのが好きで文章も上手というふうに思われていたのですね。

瀬戸内 「綴り方」と言っていましたね。

平野 瀬戸内さんが東京女子大学に進学されるのは、1941年だと思うんですけど。

瀬戸内 もう覚えてない。でもそのとき、「紀元二千六百年」というのがありましてね。

平野 ということは、1940年ですかね。大学に入る前の四国にいらしたときは、当時もう太平洋戦争が始まる直前で、日本は中国とずっと戦争をしていたと思うのですが。でも先ほどからお聞きしているかぎりでは、読みたいものが手に入らないとか、そういうことはあまり感じられなかったのですね。

瀬戸内 そうですね。光慶図書館に通っていましたから。小学生でそこに通っている子は、あんまりいなかった。そこへ行ったらもう外国の童話の翻訳とか何でもあって、全部そこで読みました。

平野 それで大学に進学されるわけですが、当時、徳島から東京の女子大に行くような人は周りにいたんですか。

瀬戸内 女学校の卒業生が200人、そのなかで4、5人、さらに勉強する人がいる。だいたい京都に2、3人行くのね。私のときは、東京に行ったのは2人でした。1人は日本女子大で、私は東京女子大。

平野 なぜまた東京に行こうと、そのときに思われたんですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

高橋 源一郎,古井 由吉,瀬戸内 寂聴,平野 啓一郎,飯田橋文学会
東京大学出版会
2017-11-11

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません