今上陛下はどうして国民に向けてのメッセージを発するまで危機感をおもちなの?

今上陛下はご公務に、宮中祭祀にと日々たいへん忙しく過ごしていらっしゃいます。その一つひとつを、まさに全身全霊をもって取り組まれているなか、高齢に伴いいままでと同じようにお務めを果たすことが困難になると認識されたことが、第一だったのではないかと拝察いたします。

今上陛下は七〇歳のときにがんの手術を受け、前立腺を全摘されています。さらに七九歳のときには狭心症治療のため、心臓の冠大動脈バイパス手術を受けられています。ここまで述べてきた通り、今上陛下はご公務に、宮中祭祀にと日々たいへん忙しく過ごしていらっしゃいます。その一つひとつを、まさに全身全霊をもって取り組まれているなか、高齢に伴いいままでと同じようにお務めを果たすことが困難になると認識されたことが、第一だったのではないかと拝察いたします。


天皇が十分務めを果たすことができなくなった場合、考えられる方法は「負担軽減を図る」ことと「摂政を置く」ことです。

しかし今上陛下はこの両方に対し、否定的な考えを述べられました。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
皇室ってなんだ!?

竹元正美

今上陛下の退位、眞子様のご婚約と話題に欠かない皇室。いま国民の関心は高まっています。しかしながら、わたしたちは皇室のことをどれだけ知っているのでしょうか? 外国人に皇室のことをきちんと説明できるのでしょうか? 本書は東宮侍従として皇室...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

youkohwa 今上天皇が皇太子の時に東宮侍従を務めた著者が、皇室を丁寧に解説 #SmartNews https://t.co/lP6SCAefv4 3年弱前 replyretweetfavorite